デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

#思い出の現場BEST5

f:id:johnnys10:20170622232156j:image

あかるくいきまっしょーう!!

ということで、こちらのブログで書かれていたお題が楽しそうなので乗っからせていただきまーーーす!あ、3つに絞りきれなかったので増やしました。笑

#思い出の現場BEST3 - ほんの一歩、扉の先へ

 

第5位

Sexy Zone /「Sexy Power Tour」2015.05.28 @名古屋ガイシホール

セクパワが始まった時は岸くんはSHOCK中だったので当然ツアーメンバーには居なくて。でもたぶん、4月以降は合流するんじゃないか…って期待を込めてチケットを取りました。そしたらGWの大阪に行っていた友達が終演後即「岸いる!!」と連絡をくれて!いやーー、嬉しかった!しかもキンプリ(当時はまだグループ名付く前だったけど)6人揃って勝つんだWIN歌ったと!それはそれはものすごーーーく楽しみに名古屋に向かいました。そしたらなんとまさかのカイちゃん不在…。まあでもそのおかげで岸カイパートが岸ソロになったので、会場の大きなモニターに岸くんが一人でドーーンと映ってるの見れてとても感動しました。セクパワツアーはSexy Zoneファン的にはものすごくモヤモヤするコンサートでしたが、岸担そして優勝担としてはものすごくおいしいコンサートでした。まだ見ぬ景色カイちゃんの代役は岸くんだったので、大サビでJr.達の背中に駆け上がって歌うしょりが岸くんの手をガッと掴んでいてとてもよかった。あとアンコールで最後Jr.みんな一人ずつ挨拶するところで、岸くんの立ち位置がJr.の端っこですぐ隣がしょりで。ここで優勝絡みがあるってのはレポで学習していたので、ガッッッツリ双眼鏡ロックオンで見届けました、初生優勝に感無量でした。いやもうほんとずーーーーーっと勝利がちょっかいかけてて!自分のマイクのお尻側を岸くんのほっぺにグイグイ押し付けてて岸くんが「ちけぇーよ!!」ってなって結局岸くん自己紹介できず、勝利きゅひきゅひ超嬉しそう、みたいな。あーもう最高でした。あとこの公演でわたし岸くんにファンサいただきまして、それもものすごーーく嬉しかったし今でもあの時の真顔の岸くん(笑)が目に焼き付いてるんですけど、いやでもそれよりも念願の優勝が見れて最高だったという点で、ランクインです。

 

第4位

Sexy Zone /「Sexy Second」2014.05.06 @横浜アリーナ

わたしが初めて若手ジャニーズのキラキラを体験したのがこの時でした。それまではエイトしか行ったことがなかったので、カルチャーショック半端なかった!「花道にJr.めっちゃワラワラいる!」「Jr.だけで歌まで歌ってる?!」「アリーナにトロッコばんばん来る、え、ていうかトロッコの数メンバー5人分よりもっとある??!」「メンバーもJr.めちゃくちゃ走り回る!」「お客さんの見てる方向バラバラすぎない?え、座ってる人多すぎない?」「うちわをパラパラめくってるってどういうこと?!」…もうライブ中いろいろパニックだった。ありがたいことにセンター席だったのでステージ全体が見えにくかったというのもあって、正直誰がSexy Zoneで誰がJr.なのかよくわかりませんでした。笑 それでもメンバーもJr.達も一生懸命で全力でキラッキラな笑顔で歌って踊っていて、この一回のコンサートにかける情熱がダイレクトに伝わってきたし、なんていうか「一人でもファンを増やすぞ!」っていう気概が感じられて感動しました。ブレイク前だからこその若手のパワーときらめきすごいな、と。この年の夏いきなり神戸まで遠征に行くくらい一気にSexy Zoneにハマりました。ちなみにこのセクセカの次のわたしのセクゾン現場が男ネバギバの発売発表会@代々木だったんですが、こちらもなかなか悪い意味で強烈で、ファンになった途端に「あれ?さんにん??なぜ??」って感じでした。さらにその次の現場がしょりソロでまさかの岸くんが居て嬉しいサプライズで、ここで一気に岸くんにハマりました。でもあのキラキラ体験がきっかけでズブズブと若手沼に落ちていったので、セクセカがランクイン!

 

第3位

関ジャニ∞ /「8EST」2012.09.15 @味の素スタジアム

今まで10年間それなりにいろんなエイト現場に行ってきましたが、これが一番心に残っています。エイトの初めての野外ライブだし、天気も良くて(スタンド上段の席でめちゃくちゃ日差しが暑かった)、8周年というアニバーサリーツアーで、開演前から気分は最高。「何から始まるかな?あおっぱなかな?」と友達とワクワクしてたら音楽が流れて(でも会場が暗くならない!)あのオープニングムービーが始まって。わたし今までのオープニングムービーの中でパッチと同率一位でこれが好きです、エイトの雰囲気に合ってるしすごくいいですよねー。会場で見ている時はワクワク感と「8周年おめでとう」という気持ちですでに泣きそうでした。で、ムービー終わって7人が出てきて。(いやいやいやマジかすばるくんピンク着てる!!)ってちょっと笑ってたら、あのイントロとも言えない音が始まって、すばるくんが歌い出して。正直もう5年も前のことだしこのライブの他の曲のこととかあんまり覚えてないけれど、この時の大阪ロマネスクにすごくすごく感動したことだけはくっきり覚えています。わたし今までのライブのオープニング曲の中でパッチと同率一位でこれが好きです。いやどんだけパッチ好きなのわたし。あ、MCで安田の誕生日おめでとうやったのは覚えてる!いきなりすばるくんがキレだして、当時はまだすばるくんのテンションにムラが残ってた時だったからわりと本気で心配してたらハッピーバースデー♪が始まって安心して、どデカイ箱の中からスタンダードプードル信ちゃんが出てきて、会場とメンバーとみんなで笑って平和な時間でした。ということで、ロマネスク一曲のパワーでランクイン。

 

第2位

Travis Japan /「ジャニーズ銀座」2016.05.04 @シアタークリエ

いやーーーーなんていうかもう、ほんと最高でした。この日がわたしトラジャ初めましてだったんです。宮近とあらちかが目当てだったので、公演入る前はグループとしてのトラジャにそこまで興味なかったんです。そもそもは2014年のセクボからわたしのJr.担ライフは始まってるので、どちらかと言えばむしろトラジャは避けて通ってきてた。でもほんとーーーーーーーにコンサートが楽しくて。トラジャがかっこよくて。この日で一気にスコーーーンとトラジャ箱推しになりました。プレゾン未経験なこと、本当に本当に悔しいし残念だしトラジャ担としてわりと引け目に思ってるんですけど。でもこの時の9人を自分の目で見れたということ、そのおかげで自分の中の後悔はだいぶ減ってると思ってます。

 

第1位
「Endless SHOCK」2015.02.19 @帝国劇場

やっっっっっっっっと、岸くんに会えた!それがまず何より嬉しかったです。2014年の夏に「岸くんが好きだ!岸担になる!!」と決意したわたしですが、そこからがまあーーーー長かった。岸くんの現場全然ない。2014年の夏に出たSHOCKのDVDをひたすら見てユウタに会ってみたい気持ちはどんどん大きくなって。きっと帝劇SHOCKに出るはずだと思ってはいたけどでも2014年の博多大阪は西畑大ちゃんだったし。もしも岸くんSHOCK卒業だったらどうしよう…と不安な秋を過ごして、ようやく岸くんの出演が発表になって。ずーーーーーっと楽しみにしてて、ようやく迎えたわたし的SHOCK初日がこの日でした。初めて一人で帝劇に行って、前月までのジャニワとの客層の違いに驚いて。双眼鏡握りしめて緊張しながら開演を待っていたら、何度も何度も何度もDVDで聞いてきたあの音楽が流れてきて、オケピが上がってきて。DVDで見てはいたけどほんとに本物のオーケストラだって驚いて。ステージに光一くんが出てきてそのオーラに驚いて。続いて階段ステージがせり上がってきて。そこに笑顔で立つ岸くんの姿を確認した時は、思わず泣きました。やっとやっと岸くんに会えたことが嬉しかったのと、でもここにいるのは岸くんじゃなくユウタだ本当にちゃんとユウタだと感じて嬉しかったのと、両方で泣きました。雑誌やテレビを見て知ったつもりでいた岸くんとは全然違った。ちょっとおバカなアイドル岸くんじゃなくて、プロフェッショナルな舞台人岸くんだった。そんな岸くんの立派な姿が嬉しくてたまらなかった。ずっとずっと楽しみにしていた現場だったし、作品としても本当に感動してわりと自分の中のジャニオタ常識がひっくり返った現場だったので、トラジャクリエを抑えてSHOCKがわたし的ベスト現場です!!

 

いやーーーー、いい気分転換になりました(^O^)

このBEST5を更新するような素敵な現場が早くまた現れますようにー!

嗚呼嗚呼青春の日々よ…

それぞれの想いを胸に互いの道を

確かに歩んでゆくんだね

 

わたしの大好きな大好きなTravis Japan。いつかこんな日が来るんだろうなって、実は心のどこかでは思ってた、わかってた。誰よりもたくさんたくさん働いてたくさんたくさん頑張ってきた彼のことをわたし達は見てきたし。だから今まず思うことは「今まで頑張ってくれて本当にありがとう」ってこと。大好きだよ、美勇人。

 

夏は大っ嫌い。去年も顕嵐のことでグラッグラに揺れた。去年はほんとに悔しくて悲しくて理解できなくて受け入れられなくて信じたくなくて、淋しくて。いろーーーーーーんな感情がどばーっと心に溢れてきて苦しかった。今はむしろ、心の中がからっぽ。すこーんと穴が開いたみたい。

新しいお仕事がトラジャに決まるたび、嬉しいとか日程いつ?とかそういう感情よりなによりまずはメンバーの名前を確認するのがこの一年で習慣付いてしまったこと。

去年のらぶクリエのあとのサマステ発表「よし9人いるぞ!」  えび座発表「あぁ、8人だ…」  サマステれんすととらオーラスレポを見て「ほんとにトラジャは8人になるんだね」  えび座で初めて8人のトラジャを見て「あぁよかったちゃんとわたし8人のトラジャも好きだ」  ジャニアイ発表「よかった8人のままだ美勇人いる」  Jr.祭り発表「8人でどんなコンサート見せてくれるのかなわくわく」  少クラ2月収録でのトラジャ5人「え…???」  3月1日「拡輝が、辞めた」  Jr.祭り横アリに入って「トラジャ7人か、かっこいいけど少ないな…」  クリエ発表「よかった、7人だ、減ってない」  キントレ発表「7人だよかった、今年の夏は平和そうかな大丈夫そうかな」  キスマイ初日「やっぱりバックトラジャ!美勇人は合流するのかな…」  キスマイ静岡「美勇人きた、よかった」   で、今日の帝劇会見。

…振り返ると本当にいろいろあった一年。思えばこの一年、ずーっと今日みたいな日が来ることを恐れながら待ってた気がする。生殺しのような状態も辛かった、いっそのこと一息に決めてくれ…って思ったことも何度もあるから、むしろスッキリしたって気持ちも今はある。いやでもやっぱり辛い、悲しい、受け入れたくない。わたしの大好きなTravis Japan、たったの一年で、こんなに変わっちゃった。

錦戸亮ちゃんを見てきたから。ずっとこのまま続けられるなんて正直思えなかった。でも美勇人なら、って期待しちゃうところも少なからずあった。でももしどちらかを選ぶことになったら…選ばれないのはきっとわたしたちの方だろうなっていうのは、わかってた。わかってたけど、でも同時にわからなかった。どうして選ばれないのがトラジャだってわかっちゃってたんだろう、わたしトラジャ担なのに。どうして、こんなことになるんだろう。わからない、わからないんだよーーー

美勇人が今まで話してきてくれた言葉はどれも嘘じゃなかったってわたしはいまも信じていられる。どっちも100だって言葉も、最後の一人になってもTravis Japanだって言葉も。もし美勇人がTravis Japanを抜けることになったんだとしても、それが美勇人の意思による決定じゃないってわたしは100%思える。ダンスが大好きだって話す美勇人をTravis Japanで活かしきれなかったはずはない、100%言い切れる。

Jr.達はみんな悪くないってわかってる、わかってるけど、黒々とした思いが心の中から消えない。どうしても、どーーーーーーーーーしても。あちらのグループがなければなって思ってしまう。美勇人を半分取られて、顕嵐まで取られて、とうとう美勇人も全部奪われて…って、思ってしまうんだよ。攻撃したいわけじゃない、でもどうしてもそんな風に思ってしまうんだ。

 

どっちも頑張る美勇人が本当に誇らしいし自慢のメンバーだし、どっちに対しても気を遣ってくれる美勇人の優しさを知ってるからこそ、そんな時は来てほしくないけどでもどちらかを選べなくなった時にどんなに美勇人が苦しむかと思うと今から辛い。

ほんの一ヶ月前に自分が書いたことだけど、ほんとにこの通り。この一年間頑張ってきた美勇人を見てるから、だからどうかいま美勇人が自分を責めたりしてないでほしいって願う。

どんな気持ちでキントレトラジャ単独見ればいいのかな、とか。どんな気持ちでアイランド見ればいいのかな、とか。キントレらぶとら行けなくてよかったな、とか。顕嵐と同じように美勇人のことも大好きなのに直視できなくなるのかな、とか。それは寂しいな、とか。いろいろぐるぐる考えてる。

6人のこともぐるぐる考える。大好きな大好きなTravis Japan。事務所のトラジャの扱い辛すぎてJr.担しんどいやめたいって今日久々に思ってるけど、でも6人が頑張るならわたしが先に諦めるわけにはいかないとも思ってる。今日の会見にTravis Japan6人として出てくれていたということ。つまり、6人が6人で頑張ろうと思ってくれてるってことだよね?泣くほどしんどいし泣くほど辛いけど、だったらこの今のジュニアバトルロワイアルから逃げたくないしトラジャを負けさせたくない。

宮近担としての今の気持ちは、「あぁこれでますます宮近の背負う荷物が重くなったな」ってこと。頑張り屋さんな宮近が大好きだし自慢の自担だし心から応援してる。けど、ずーーーーーっとアクセル踏みっぱなしな宮近が、すこし心配。みやち、ちゃんと楽しめていてね。

 

美勇人の「ちゃかちゃん」呼びが大好きだった。宮近の「みゅうとくん」ってひらがな呼びが大好きだった。しーくんのやたら強気になる美勇人への態度が大好きだった。うみのダメなところは叱って良いところは素直に認めて褒めてくれる美勇人、そんな美勇人に懐くうみのコンビ大好きだった。如恵留くんと美勇人が向かい合って歌うSo crazyが本当に綺麗だったしムラサキはまだ見てないのに。最年少の朝日のことを気にかけてフォローしてくれるお兄ちゃん美勇人。しめちゃんが不思議発言すると誰よりも楽しそうに嬉しそうに笑う美勇人。Travis Japanの森田美勇人はすごくすごく魅力的だったんだよ。

Travis Japanを、顕嵐と美勇人が悔しくなるくらいの大人気グループにしたい。でも、実際問題どうなるのかな、これから、トラジャ。本音を言うと、ものすごく怖い。

 

あーあ。って今夜は言ってばかりだから、せっかくならとゆずを歌ってみたら、歌詞がなんだか妙に当てはまって余計悲しくなった。

6/9は優勝記念日!!!! 勝利のオマケ勝手に実況解説

f:id:johnnys10:20170610204225j:image

あの、わたし、岸担だし勝利担なんですけど、だからってだけじゃなく優勝コンビがだいっっっっすきなんです。《好き+好き》じゃなく、《好き×好き×無限大》なんですよ。意味わからないですね?わたしも何言ってるかわからない。

とにかく、ずっとずっとずーーーーっと待ちに待ってた優勝オマケがついについに実現したのが嬉しすぎるので、自分のために文字起こし。これでいつでもどこでも優勝の尊さにひたれる。

 

まず岸くんが出てくる前から勝利がかわいい。ニッコニコ。嬉しさ楽しさ隠しきれてない、隠す気なし!!
勝「今日のゲストは△※$∞★◇でーす!お願いしまーす」←勝利にっっっっこにこ
優「ちゃんと言ってくれよ!一応ゲストっていうあれなんだから、いま」
勝「〜〜〜たでーす!」
優「いやきしゆうたです!改めて、岸優太です」(とても優しい笑顔でカメラ目線)
勝(ものすっごく楽しそうに笑いながら岸くん見てる)
勝「あのですね、けん玉でバトルして」
優「うん」
勝「勝ったら、岸が勝ったら」
優「うん」
勝「このコーナーをとれます」
優「マジ?!言ったな?!」←岸くん目キラッキラさせながら勝利に確認求める、かわいいいいいいい
優「いや俺やばいよけん玉」←自信満々岸くんかわいい
勝「…あ、強いの?」←不安げ勝利かわいいいい
優「けんだまんって呼ばれてたよ昔」
勝「…すっげぇつまんねえの」←ものすごく冷たい言い方、かわいい笑
優「いや別に狙ってなくてマジで」
勝「で負けたら罰ゲームあるから!」←食い気味に言ってる感じ超かわいいし超優勝
優「あぁいいよいいよ」
勝「恥ずかしい秘密を、言うっていう」
優「いや待って待って」(綺麗な長い指で顔を覆う)
優「え負けたら、でしょ?負けたらだよね、絶対負けねー」

いつものように糸を垂らして玉を回す勝利
優「(回すのは)ありなの?」←律儀にルール確認するあたりまじ岸くん、かわいいいいいい
自分のペースでさくさく始める勝利、でも珍しく失敗!!
勝「あ、やべ…」←失敗してすぐ岸くん見る、かわいい
優「勝ったよ俺は、ごめん、もらった!」

優「じゃあやっちゃうよ、俺」
ものすごく勢いよく玉を回す岸くん。勢いよすぎて剣先は横向いちゃってるし玉は水平まで上がっちゃってるし。(ぜっっったい失敗すると思った笑)
優「まずこうやってならすんだよ」←ちゃんと勝利に解説してあげてるのまじいい優勝、最高すぎる
勝「まじ?そんな…だっ、めっちゃうまそう」←素直にビビる勝利がかわいすぎるーーーーーー
優「いい感じにきてから、膝を使うのこれ」←あくまで親身にアドバイスする岸くん、本当にいい奴だな!!
優「はいっっ」←ちゃんと掛け声してるかわいすぎる泣泣泣
優「えいっっっ」
岸くん、綺麗に成功!そしてそれを即払い落とす勝利。笑笑

勝(転がっていくけん玉をじっと見つめる)
優「おいおいおいおい、コレ勝っちゃったやつだよ」←リアクションがとても優しい泣泣
勝「いや入ってないじゃん」←平然と言い放つあたりまじ勝利岸くんに心許しまくり、かわいい
優「いや入ったからね!なんでこれ飛ぶの、逆に??」
勝「いや入ってないじゃん!」←ここの!勝利が!!完全に“好きな子いじめちゃう男子小学生”だったの!!!最高だっっっ!
優「………(3秒くらい考える)じゃあもう一回やるよ(けん玉拾いに行く)」←なんでこうなるの?!岸くん勝利にどんだけ甘いの?!かわいいいいいい
勝(そんな岸くんをニッコニコで見つめる)

もう一度勝利から。トライする勝利を黙って見守る岸くんまじ絶滅危惧種的いい奴!!!
今度は勝利成功!
勝「うぇぇえええい!!!」←今まで見たことないくらいのドヤ顔、かわいい
勝「(岸くんガン見しながら)入ります?」
優(黙ってけん玉を勝利から奪う)
優「どっちがいいのこれは?外した方がいいか…」
勝「なんでお前バラエティーのこと考えてんだよ!」
優「はははは〜!だって出来ちゃうんだもん俺」←ここの岸くんまじ出来る子感MAXで不意にかっこよくてビビった

優「(糸を垂らしながら)ここで集中を」
勝「膝禁止膝禁止!膝禁止、膝禁止ね」←4回も言ったかわいいいいいい
優「いくよ?へいっっっ!」←またちゃんと掛け声泣、かわいすぎる泣
岸くんまたも見事成功!
入った瞬間2人揃って仰け反って爆笑、このシンクロ具合がまたいい優勝で最高すぎる…泣
優「入っちゃうんかい!!笑」←自分で自分にツッコミ、かわいすぎる
勝「(黙ってけん玉取り上げる)…つまんねえー!」
優「うははっ」←ここの笑いながら勝利を見つめる岸くん激かわしんどいかわいすぎる
勝「もうもうやめましょう!もう無理」
優「どうしますかー、この戦い」
勝「いやもう無理なんで。もう罰ゲームやってください!(岸くんの肩ポン)」←この超自己中な勝利がまじ優勝の醍醐味、尊い
優「はははっ、なんでだよっ」←笑いながら言うここの岸くんがほんとにほんとに優しくてまじ優勝最高優勝かわいい
勝「ふははっ」←自分で言って自分の理不尽さに自分で笑う、かわいいいいいい

音声はここまでで終了だけど、このあとも2人でなんか言い合ってめっちゃ笑っててめっちゃかわいい!!!

 

 

それでは最後にわたしの盛り上がりっぷりを添えてお別れです。また次の対戦の機会があることを心から期待しています。

 

ずっとずっと岸くんと勝利がこうやって2人で笑いあえる世界でありますように!!

来月のセレクションで未公開シーンたっぷり放送してくれますように♡今日のお礼も兼ねて少クラにメールする!

前だけ見て歩き出す 終わりなき世界で

f:id:johnnys10:20170604235303j:image

完全に勢いだけで書きなぐります!

 

わたしのJr.担としての原点はセクボです。わたしが岸くんのことを好きになったときは、セクボが一番勢いがあったときで。それはそれはものすごくかっこよかった。強かった。大好きだった。本当に本当に本当に大好きだった。

だから、いまでも岸くん神宮寺岩橋宮近顕嵐の5人は特別です。さすがにグループとしてのセクボへの未練はもうないけれど、きっとずーっとこの想いは変わらない。心の中の一番高いところに額縁に入れて大事に大事に飾ってある感じ。恐れ多くてそうそう触れられないけど、たまにそーっと取り出してきて眺めてあぁやっぱり好きだってしみじみ思います。

 

らぶとら問題があってから、わたしはなかなか顕嵐のことをしっかりと見れなくて。顕嵐が大好きで大切だったからこそどうしても喪失感ばかり感じてしまって辛くて辛くて。

でも魔女の宅急便のニュースが流れた日は、本当に本当に本当に嬉しくて心からおめでとうって思いました。久しぶりにじっくり顕嵐のことを考えた。一人でこんな大きな仕事を取ってきた顕嵐を本当にすごいと思って誇らしくなった。羨ましいとももちろん思った、トンボは顕嵐より岸くんでしょ?って。でもそれでも顕嵐おめでとうって気持ちがとっても大きかったんです。わたしまでなぜかとても幸せになりました。

仕事の休みから言えば6/1の初日が行ける日程でした。ものすごく行きたかった、外部舞台で頑張る顕嵐を見届けたかった。それに純粋に魔女の宅急便も大好きで、原作本もたしか4巻くらいまで持ってる。でもただでさえ公演数の少ない舞台にわたしみたいな担当じゃないやつが当たったら顕嵐担さんに申し訳ないな…と謎に遠慮してしまって申し込みすらしませんでした。いまとてつもなく後悔しているけれど…。

初日のレポが流れてきて、翌日のWSでちらっと映るトンボ顕嵐を見て「あぁ顕嵐本当に一人でこんなに大きなお仕事を頑張ってるんだ」と思って、またとてもとても嬉しくて誇らしくなりました。もちろんこの姿を自分も見たかったけれど、それ以上にどうかどうか彼に見てほしいと強く思ってしまって。しめちゃんとうみが見に来たって聞いて、嬉しくて、でも「あれ、なんでいないの??」とかやっぱり考えてしまって。

そしたら、今日!東京千秋楽に宮近が見に来た、と!

もうもうもう、めちゃくちゃ嬉しかった!!来てくれると思ってた、やっっぱり来てくれた。しかも岸くんと神宮寺と岩橋と一緒に。セクボが揃って顕嵐の晴れ姿を見に来た。夢かと思うくらい幸せでした。雑誌でも何度も「いつメン」の話はしてくれていたしそれを読むたび嬉しいなって思っていたけど、今日ほど彼ら5人の絆の強さを尊いと思ったことはありません。

セクボはいまでもたぶん一部で根強い人気があるんだろうし、わたしももちろん大好きだし、でもキンプリとかトラジャとかいろいろあるから本人たちにとって難しい問題なのかなとも思うんです。「セクボ見学来ないのかな」って声もたくさん見かけたし、賢い彼らはそういう需要があることもわかっているはずだし、なによりいまはそれぞれ別の自分のグループがある。そんななかでこの4人で一緒に顕嵐の見学に行くっていうのは結構重い判断だったんじゃないかなぁと思ってしまいます。それでも、揃って、来てくれた。それだけでとっても嬉しいじゃないですか…!

宮近と顕嵐。わたしはやっぱり激重オタクなので「思えば長い付き合いだけど」って笑い合って「ずっと二人で生きていこう」って並んで歌ってくれた絵がどうしてもどうしても忘れられないんです。あーもうやだ、いまこれ書いてるだけで泣けてきた…。ファン側のわたしですらこんなにめんどくさい気持ちをモヤモヤぐるぐる抱えているんだから本人たちはどんな想いなのかな、とかいまでも考えてしまうんですけど。でも案外本人たちの方が、構えずに変わらずにお互い接しているのかもしれない。顕嵐はきっと、いまトラジャのエースとして切り込み隊長として頑張ってる宮近のことを温かく思ってくれてるんじゃないかな。宮近が今年もらぶクリエを見学に行ったということに、なぜだかわたしが勇気付けられました。わたしが大好きなあらちかは昔も今も変わってないんだろうな、わたしがいじけた見方をしてしまってるだけなんだろうな。尊いな、大好きだよ。

 

誰が行こうって言い出したのかな、やっぱりいわちかな?それとも宮近かな?4人で行こうよって前々から決めてたのかな?せっかくなら千秋楽にって狙ったのかな?考えれば考えるほど嬉しいかわいい嬉しい。そして4人が見に来てくれてどんなに顕嵐は嬉しかっただろうって考えると、顕嵐よかったねってわたしも嬉しい。4人は顕嵐のトンボさんのことどう思ったかな?何を感じたかな?雑誌で話してくれるのを楽しみにしてるよ!

久しぶりに解禁した少クラでのセクボ曲。改めて見ると本当にかっこいいです。18歳の岸くんと17歳の岩橋と16歳の神宮寺と顕嵐と宮近、眩しいくらいにキラッキラしていて尊い。もうあの時代に戻れないのはわかっているけれど、それでも、あの春と夏はわたしの中ではずーーーっと変わらず一等賞です。大好きだ!

 

わたしはPrinceも大好きでTravis Japanも大好きだけど、でも矛盾するようだけどセクボも本当に本当に大好きで大切だった。そんな気持ちを今日改めて再確認したので、その勢いのまま書きました。

わたしは全然強くなれないから後ろを振り返ってばかりだけど、憶えていたい大切な思い出がたくさんあるからそれも仕方ないかな。これからも思い出をたまに取り出して眺めつつ、ゆっくりゆっくり前に歩いていきたいな。

顕嵐、改めて…魔女の宅急便東京公演お疲れ様でした!

f:id:johnnys10:20170605004846j:image

 

たまたま気付いたけど今回で100個目の記事だー! なんかものすごく、わたしらしく重くて熱い。笑

良い友達、良い仲間、良いスタッフに恵まれますように

先週買ってきたダンスクまだ読んでないんです、ずっと楽しみにしてたからちゃんと時間のあるときにしようって。数あるグループの中から我が軍がインタビューに選ばれたのが嬉しいし、前号から始まった一人ずつの特集が今回も我が軍だったからああこれは7人全員やってくれるんだってとても嬉しいし、関西のグループとのシャッフルダンストークも嬉しいし、感想ハガキ心を込めて書こうって、今日10円切手買ってきたんです。近所のちいさな郵便局で「すいません、いま4枚しかなくて。午後には補充されるはずなんですけど」って言われて、「あじゃあとりあえず1枚ください、あとはまた買いに来るので」って1枚だけ10円切手買ってきたの。レジ横に置いてあった今日から発売のかもめーるが今年は花火と金魚でかわいいからついでに買ってきた、自担にもハガキ書こうって。ダンスク買ったときに一緒に買った夏柄のシール貼って送ろうって楽しみにしてて。

f:id:johnnys10:20170601212059j:imagef:id:johnnys10:20170601215313j:image

 

で、帰ってダンスク読む前にtwitter開いたらなにやら同担さん達がざわざわしている。わたしのフォローしている方達はやっぱり自分が好きで選んでフォローさせていただいているので、わたしと同じような価値観の方ばかりで。だから幸いそんなに荒れてなくて。だからわたしも「んもーー。何やってんのさ」くらいの気持ちでした、最初は。いや今もそうだけど。

こういう時は検索かけたらダメだって、わかってたんだけど…つい自担の名前で検索してしまった。そしたらまあ、いろんなこと言う人がいるよね、そりゃ当たり前だけど。わたしは基本的にSNSに対する体力がないので、自分の見たくないものは見れないから適当なところで閉じたけど。

 

個人的には、今回のことは別に何にもわるいことじゃないと思ってます。プライベートで楽しく過ごしていてくれることは、わたしはとても嬉しい。友達と楽しくパーティ、いいじゃん。楽しかったから記念に写真、いいじゃん。

問題は、その友達がちゃんとプロ意識を考えられる友達ですか?ってことだとわたしは思う。今回のことに限らず、相手がちゃんと君のことを大事に考えてくれてるなら写真が第三者に流れることなんてないと思うの。それに、ちゃんと友達なら君もしっかり「その写真の管理、よろしくね」って相手に言えると思うの。

何が言いたいかってね、変な奴にはくれぐれも引っかからないでほしいってこと。男でも女でも!君のことをネタに小金をもらおうと考えるような、その程度の付き合いの頭の軽い奴が、君の周りにいないことを願ってる。プライベートくらい、心から楽しく自由に過ごしてほしい、ちゃんと信頼できる相手とね。

どういう経緯で今回こんなことになったのか、わからない。わからないけどさ、君のことをその程度にしか考えてないような人間と親しくしてるんだとしたら、わたしはそれが一番残念だよ。良い友達をどうか持っていてほしい。

 

何も悪いことはしてないとわたしは思うし、写真に写る君がとても楽しそうに笑っているからいいパーティだったんだねよかったねってわたしは思う。でもそれでも、こんなネガティヴなことで話題になるのは悲しいし悔しいし辛い。きっともっとショックを受けてるファンの子達もたくさんいるんだろうな。それにグループや他のメンバー達にマイナスな影響を与えてしまうかもしれないよね。オフの時にどんな風に過ごしていてもいいけど、今回みたいにオンに悪影響が出ないようにはしっかり気を配っていてほしい。

せっかくいま、大事な時だよ。踏ん張り時だよ。こんなことで後ろに下がりたくなんかない。もう前しか進みたくない。

君には大事な大事な仲間がいるんだよ。一緒に頑張る仲間がいるんだよ。きちんと謝ってきちんと叱られて、また一緒に進んでいってほしい。

 

わたしは今回の女の子に対して、皮肉でもなんでもなく可哀想だなって思っています。だって絶対、わたしの応援してる彼よりもあの女の子の方がこの出来事はずっとずっと痛いだろうから。本人の言う通り学校の友達でも、そうじゃなくても、わたしはどっちでもいい。

気になるのは、女の子側のファンの方達が、今回の出来事は身内のリークではと疑っているらしいということ。

真相なんてわかりっこないけど、こんな話が湧いて出てくるくらいには、彼女の周りの大人達はキナ臭いんだろうなって部外者のわたしは感じてしまいます。もしこの噂が本当だとしたら。そうまでして、そちらのスタッフの方達は一体何をしたいのだろう??

芸能人は自分自身が商品だから自己管理は当然の自衛手段だろうけど、でも、それでも、わたしの応援している彼らの周りに彼らを大事に思って扱ってくれるスタッフさんが一人でも多く居てくれることを願ってしまいます。

 

 

個人名を出して書きたくなくて。この出来事を煽るようなことはしたくなくて、でもぐるぐるぐるぐる考えちゃうから吐き出したくて。で、こんな風なはっきりとしない文章になってしまいました。

誤解しないでほしいのは、別に自担のことをかばってるわけじゃないということと、女の子を責めてるわけじゃないということです。女の子や女の子の周りの人間がこの出来事の原因に直接関わっていたとしても結局はそういう人との繋がりを作った自担自身のせいだろうし。

わたしはこんなことじゃファンは辞めないし辞められない。そして自担グループと自担にはこんなことで折れてほしくない。

だから数日経ったらダンスク読んで予定通り感想ハガキも自担へのハガキも出します。こういう時こそ、わたしは君達を応援してるんだぞって形に示したい。

 

 

…たまにはライトで楽しい話のつもりだったのにな。まさか下書きを編集してる間にヘビーなことが起こるなんてな。。笑

まあ、わたしは一気に吐き出してスッキリしたので、ライトで楽しい話を次からはまた続けます。ジレッタの話もしたい!

友達が社会人になってからジャニ沼に落ちた話①十祭味スタ台風の思い出

たまにはライトで楽しい話を(^O^)

わたしは大学生の頃からジャニオタですが、身近な友達で社会人になってからジャニオタデビューした子が3人もいます。それもただの友達じゃなく、結構仲の良い友達。しかもみんなわたしと同い年。1人は小学校からの友達、1人は高校で同じクラスだった友達、1人は大学で同じ部活だった友達…とコミュニティーはバラバラです。さらに、わたしが積極的にジャニ沼に勧誘したわけじゃなくみんな自発的に転がり落ちて来たのが嬉しくて面白くてたまらない!

 

その①:小学校からの友達

HKTの宮脇咲良ちゃんに似ているのでこの子を仮に「さくら」と呼びます。

さくらとはもともと家も近くてしかもお互い地元で就職して実家暮らしだから、社会人になってからもちょいちょい遊んでました。わたしは自分が関ジャニ∞が好きだということ(この当時はまだエイトしか追いかけてなかった)を周りに隠さず言っていたので、さくらも知っていて。

忘れもしない、あれは2013年10月のことでした。その日関ジャニ∞が音楽特番に出ることを知ったさくらは「今日関ジャニ出るんだね〜見てみるよ〜」とLINEしてきました。興味があったわけじゃなく、半分はただ暇で半分はわたしをいじるためになんとなく見ようと思った…と後日さくらは言っていました。笑

その特番とは、村上くんが司会を務めた「1位をとった名曲音楽祭」。2時間生放送の番組でエイトがトリを歌いました。村上くんが司会だったということもあってか、たしかにやたらと関ジャニ∞メンバーの気合いが入ってたのを覚えてる。(番組コンセプトはよくわからなかったけど司会を任せてくれてありがたかったです)

その番組で、さくらはスコーーーンと安田に落ちました。本人も「なんで?!」ってびっくりしてたけどいやわたしもびっくりしたよ!笑 薦めてないのに勝手にこちらに落っこちてきたから!!

まあでも確かにこの時の安田はかっこよかった!

f:id:johnnys10:20170601152343j:imagef:id:johnnys10:20170601152515j:imagef:id:johnnys10:20170601152541j:imagef:id:johnnys10:20170601152548j:imagef:id:johnnys10:20170601152639j:imageというか、関ジャニ∞全体的にかっこいいし、若い!

 

そこからは、家が近いことも幸いして(災いして?笑)わたしの布教活動が始まりました。わたしの家で宅配ピザ食べながら、まずはライブDVD鑑賞会して徐々に冒険JAPANの山田回とか関パニとか深夜枠の頃の仕分けとかも見せていって。ライブDVDドサッと一揃いとシングルのPVとか歴代のツアーパンフとか紙袋2つ分くらい貸し出して。その甲斐あって、まんまと立派な安田担一丁上がり( ^ω^ )

もともとさくらはジャニーズだからって頭ごなしに否定するタイプではなかったし、AKBの握手会に行ったこともあったくらいだから、オタクになる素因はあったのかなあーと今となっては思います。でもハマりたて当時のさくらは自分で自分のコントロールに戸惑っていて、見ててまじで面白かった。笑

「本屋さんに行ったらどの雑誌の安田さんもかっこいいんですが、わたしはどうすればいいのでしょうか?全部欲しいけど全部は買えないけど選べない…」「地道にコツコツと出掛けた先でもブックオフ巡ってきたおかげで、パッチアッパーズの初回盤を手に入れました!」「スウィートマイエンジェル、安田さん」毎日こんな感じでした、ね、楽しいの極みでしょ!笑

 

2013年のJUKEBOXは間に合わなくて行けなかったけど、2014年はさくらが自分でファンクラブに入って自分で十祭当てて一緒に行きました。東京2日目。台風でどしゃ降りで、グッズ販売が中止になっちゃった、DVD収録になってるあの日です。

初めてのジャニーズにしていきなりハードすぎる現場になりました。当日の昼にライブ開催の可否を発表するということになっていて、味スタまで2時間以上かかるわたしたちはとりあえず上京しました。味スタに向かう京王線の車内でたしか「グッズ販売中止、再開見込み不明」の知らせが入ってきて。どうする?と相談して、見込みもないのに味スタで雨の中待ってても仕方ないからと新宿にそのままUターンして戻ってカラオケでとりあえず歌いました。十祭なにやるかな?これ聴きたいな!きゃー!…って、2人して完全に空元気。でもとりあえずそろそろ駅向かってみるか…ってカラオケから出たら案外雨が弱まっている!!

味スタに着いてもまだ雨は降っていてでもなんとか開催できそうということで中に入り、カッパ着て荷物ゴミ袋に入れてくるんで、せっかくのアリーナ席だからと作ったうちわを今日限り使い捨ての覚悟で持って、ランナーズハイならぬ雨濡れハイ状態で開演を待ちました。で、始まった♪えんやこらせーのどっこいせ♪エイターになって7年くらい、ライブでまともに聞いたのは初めてだったのでわたしは楽しくてきゃっきゃしてたら、隣のさくらに肩を叩かれて。振り向いて見たら、さくらさん号泣!笑 「本当にあそこに関ジャニ∞がいるーーーー!」って泣いてました。笑笑 テレビで好きになって10ヶ月、ようやく生で関ジャニ∞に会えて嬉しかったんだねー!(わたしはいままで関ジャニ∞も勝利くんも宮近も「なんとなーく好きだなー」ってところから始まって徐々に深く潜っていったので、こういうさくらみたいなリアクションはあまりしたことがないのです。唯一岸くんだけはテレビ越しにスコーーーンと落ちて飛び込みで勢いよく潜って、そこからずっとずっとテレビで見ていて大好きででもなかなか現場がなくて会えなくて、翌年ようやくSHOCKで会えた時は確かに少し泣きました。懐かしい…)

最初の号泣が落ち着いてからも、さくらは本当によく泣いていました。でもそれだけこの子は本当に関ジャニ∞にハマってくれたんだな、とわたしもすごく嬉しかった!泣いてるの面白すぎてわたしずっと笑ってたけど。さくらは一曲ごとに新鮮に喜んでいました。わたしは「おいーまたブリュレかよもういいよー」ってちょっとげんなりしたんだけどさくらは「生で観れた!」って嬉しそうだったし、エイトレンジャーも喜んでた。

十祭の思い出と言えば何よりももうすばりょkicyuで発狂してよこひなtornで大爆発して燃え尽きたシャッフルコーナーですが、もう1つ。ジャニーズメドレーの途中で横山くんが「はれわたーるそらー」とオリジナルスマイルを歌い出したら雨が止んだこと。ほんっとにね、空が晴れたんですよ!!あれは感動しました〜!どうしてDVDではカットされたのか、ほんと許せない!でも横山くんが照れながら広いスタジアムの真ん中で1人でアカペラで歌う姿はちゃんと心に残ってるよ。

十祭はほんとに横山くんの印象が強いです。雨に濡れた金髪であの白い肌に涙を流してる横山くん、まじで人間じゃないみたいに美しかった。さくらも、十祭入る前はわたしがいくら力説しても「横山くんの魅力はちょっとわからない…」って言っていたけど十祭終わって帰り道「一番心に残ってるのは横山くんだ」と言っていました。

 

ジャニオタの通過儀礼“初現場”を強烈な体験で終えたさくらは、その年早くも“初遠征”も果たしました。レベルアップのスピード早っ!笑 関ジャニズムの東京の日程がどうしても行けないというのでいっそのこと遠征しよう!ってことで一緒に札幌に行きました。北海道は本当に美味しい!

2016年にはわたしが余らせていたジャニーズWESTの横アリに一緒に来てくれてとうとう他の沼まで手を出してくれました。ちなみにさくらははまちゃんが好きだって。今年もお正月は一緒に横アリ行ったよ。笑

2017年今年も一緒にエイト行きます。いまのところJr.沼には落ちそうもないですが、沼の中身は知ってくれてます。(岸くんも宮近も認識してくれている)

 

沼に落としたのはわたしじゃないけど(間接的にはわたしが原因か?)、沼の深みに引きずり下ろしてきたのは確実にわたしです。笑

いままで真っ当に生きていた人間をジャニオタに仕立ててしまったのはなかなかに罪深いかなぁとは思うけれど笑、こんなに近所でこんなに昔からの友達が自分と同じ趣味を持ってくれてるのはとても楽しいからまだまだ足は洗わせないつもりです( ´ ▽ ` )ノ

ジャニーズ以外にも好きなことがあってよかった

自分ほんと引きずる系オタクだなと思うんですけど、いまだにらぶさんのこと直視できないんですよ。
決して嫌いなわけじゃない、ただただ怖いだけ。
らぶさんがクリエラストで当日券何人出したとか、ジャニーさんが最後まで見てたとか、お偉いさん観覧用にハイBゲストで出てきたとか、
そういうの見るとただただ怖いんです。
らぶさんが活躍すればするほど、認められれば認められるほど、トラジャが消されてしまいそうで。
だから、現実から目をそらす。

ほんとは、心の中でわかってるんです。らぶさんの方が推されてるよなとか、人気あるよな、とか。
トラジャのことは信じてるし大好きだしわたしの中ではNo. 1です。
あの9人ならどこまでも行けると思ってたし、8人になっても負けないぞと思ってたし、今の7人もとてもとても魅力的。
続々とB少年の沼に落ちる人が増えてるのは、すごいなーと思いながらどこか他人事のように見ています。トラジャとはどう考えても競合しないから。さすがにこの前のMステでハイハイ従えてハイハイジェット歌った時は憤りを感じましたが。B少年が悪いわけじゃないけど、キンプリ解体の時と似たような感情を事務所に持ってしまう。そういう世界だってわかってるけど、でもやっぱり急に梯子外すようなこんな仕打ち、残酷すぎる。
でもまあ、B少年がどんなに激推しされてもファン増やしても、怖いとは思わないんですよね。わたしが怖いのは、やっぱりらぶさん。
…嫌いなわけじゃないっていうのはやっぱり綺麗事かなーーー、どうしたって黒い感情は持ってしまいます。彼ら本人には罪はないし、彼らが本当に頑張ってグループのことを大切に思ってるのもわかる。
わたしが恨めしく思うのは、ただメンバーの人選をした事務所のお偉いさんに対してだけです。
去年のサマステの時も全く同じこと書いた覚えがあるけど、どうしてこんなに無所のメンバーがいるのにらぶさんの人選こうなったの??

エイターである身としては、やっぱり亮ちゃんのことがあるから、余計に怖い。
いくら美勇人がどっちも100%って頑張ってくれていても、どうにもならなくなる時ってやっぱり絶対来てしまうでしょ?って思ってしまう。
亮ちゃんがあの時どんな思いで片方を選んだのかなんて想像でしかないけど、どっちも絶対大切だったに決まってる。どっちも疎かになんてしてなかった、絶対。そして片方選べなくなったことがどんなに亮ちゃんにとって心苦しかったか…。
どっちも頑張る美勇人が本当に誇らしいし自慢のメンバーだし、どっちに対しても気を遣ってくれる美勇人の優しさを知ってるからこそ、そんな時は来てほしくないけどでもどちらかを選べなくなった時にどんなに美勇人が苦しむかと思うと今から辛い。
亮ちゃんはもともと関ジャニ∞だったわけだけど、でもそれが理由でエイト一本になったわけじゃないと、なんとなく思うわけです。
だから、美勇人ももともとはトラジャの方が先だけど、でも、だからと言って…自信はないもん。


つい一週間前はトラジャクリエのオーラスで、自分は行けなかったけど「ただ前へ」の合唱が客席から起きたって見て本当にトラジャとトラジャ担のみなさんが丸ごと誇らしくて大好きで幸せな気持ちでいっぱいだったんです。
でも、一週間後の昨日はらぶさんのオーラスで。TLに自然といろいろ流れて来て。
辛くて。
幸せそうならぶさんの様子を見てるのが辛くて。
自分心狭い自覚はめっちゃあります。
でも、辛いもんは辛いんだ。
応援してあげられなくてごめんね、顕嵐。美勇人も、こんなに頑張ってるのに。
でもごめん、わたしTravis Japanが何よりも大切なんだよ。

夏のEXもらぶトラ申し込みすら出来ませんでした。楽しめる自信がなくて。
自分の融通の利かなさというか頑なさに自分で嫌になるくらいだよ。
本人達の方がよっぽどフレキシブル。
「ながつとフットサルして楽しかった」って宮近とか「顕嵐にごはんおごってもらった!誕生日だから」ってうみとか、そんな風にわたしたちに教えてくれる彼らは本当に強いし優しい。


わたしデフォルトが重いオタクだから、わりと「Jr.担しんどい」ってなること多いんですよ。
そういう時、自分が掛け持ちオタクでよかったってほんと心底思うんです。
野球大会からの4月少年収と、トラジャの出番の無さにほんとわたし落ち込んで。
でもこの時はGWのせくぞ横アリでめっちゃ元気もらいました。
無条件でキラキラしていたし、そんなキラキラを浴びるとやっぱり楽しいし、5人が幸せそうに笑っているからわたしも本当に幸せな気持ちになれました。ジャニオタHP全回復できました。
去年のサマステ後も顕嵐のことでめっちゃぐるぐる落ち込んで。
この時は、エイトおじさん達の罪と夏めっちゃ聞いてました。底抜けに明るい太陽みたいな罪と夏にほんと救われたし、実際に行ったリサイタルも楽しかったし新潟美味しかったし、顕嵐事変のショックも多少癒えました。

で、昨日twitterしばらく見てたけどこのままじゃ自分どんどんへこむだけだって思って閉じて、エイタメツアー見ようと思ったけどいやらぶさんの影がちらつくから遠慮しようと思って、
で、結局昨日は出たばかりのUNISON SQUARE GARDENのツアーDVD見たんです。
あ、ユニゾンスクエアガーデンってわたしの大好きなバンドなんですけどね。
で、ユニゾン見てたら自然と気持ちが切り替わって気分も持ち上がってきて。
ジャニーズも大好きだしわたしの中で一番大きな存在なのは間違いないけど、でもわたしはユニゾンのことも大好きで。
Jr.担しんどいターンの時にせくぞやエイトに元気付けてもらえたように、ジャニーズしんどいターンの時に他に夢中になれるものがあってほんと助かるなって思ったんですよね。

バンドが好き。ユニゾンが好きだし[Alexandros]が好きだしクリープハイプが好きです。ロッキンも毎年行ってるし今年もめっちゃ楽しみ。6月にあるユニゾンクリープハイプの対バンが死ぬほど楽しみ。
サッカーが好き。高校でサッカー部のマネージャーやってました。カシマスタジアムには年に2,3回観に行きます。6月にも行く!持ってるユニフォームは小笠原のです。
読書が好き。本を読んでる時はその中にどっぷり浸かれるからうじうじ悩んでることがあっても一時的に忘れられる。わたし一気に読み切りたい人なので時間がある時じゃないと初めて読む本はなかなかスタート出来なくて、最近はあまり読めてません。そのかわり一度読んだ本を何度も何度も繰り返し読みます。単行本はかさばるし高いから買いたくないんだけど「コーヒーが冷めないうちに」という本がずっと気になってて単行本買うかずっと悩んでる。
食べるのが好き。美味しいもの食べてる時は本当に幸せです。お酒自体はたぶんそんなに好きじゃないけど、友達と飲みながら食べながらうだうだ話してるのは本当に楽しい。小学校の時の友達といまでも年に2回か3回集まって飲んでるのほんと幸せ。


多趣味と言えるほど全てたいしたことはないし、逃げ道と言えばそれまでだけど。
ジャニーズが好きすぎて苦しくなる時に、スイッチを切り替えられる他のチャンネルが自分にあって本当によかったな、と思った話でした。


久しぶりになにも考えずいまの気持ちだけで書きなぐりました。
嫌な想いをさせてしまっていたら、ごめんなさい。
でもわたしは吐き出したことで少しスッキリ。
キスマイのツアーDVD早く出ないかな、早く6月の少クラ見たいな、ワクワク。
ワクワクと言えばワクワク学校当たりますように。