デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

エイターにオススメしたい邦ロック7選

前回の続きとして、自分の好きなバンド曲をばばーーっと挙げてたんですけど、なんか関ジャニ∞に関係するバンドが多いなぁと思って、
もういっそエイターの皆様方に聞いてみてほしい曲をまとめてみました。
まとめてみました、とか言ってますけどほぼ有名曲だしご存じの方も多いと思います。なんか偉そうな感じですいません。笑




①月曜日の週末/ゆず
初めてゆずが曲を提供してくれたのが関ジャニ∞でほんっっとうに嬉しかった!
関ジャムも2回目だったかな?かなり早くにゆずが出てくれて本当に嬉しかったー
やすだが心から楽しそうで嬉しそうでこちらも幸せになりました。自分がずっと聞いてたアーティストと自分の番組で一緒に演奏できるなんて!いままで頑張ってきてほんとよかったね!ってなりました。もはや親目線。
そんなゆずのなかでわたしがオススメしたいのはこの曲です。ちょっと雰囲気がT.W.Lに似てる、かなーーと思います。
ひび割れている常識と感情の裏返しってやつが  僕の知らないとこでコソコソ  なにやら陰口をたたいてる
何を言ってるのかはっきりとはわからないんだけど(笑)、なんとなくここのフレーズが大好きです。
あと、メロディーもテンポよくて明るくてとても元気が出る!

ちなみに、ゆずver.のT.W.Lもまた違った感じでよいです。



②飲みに来ないか/スキマスイッチ
フリーダム理論を提供してくれたスキマスイッチ
この曲は恋人と喧嘩してしまったことを後悔している男の人の歌なんですけど、この人がなんというかちょっと気弱ででも優しくてとてもわたしは好き!
Speedy Wonderのカップルの4年後って感じ。なんとなく。
ごめんねとすぐに切り出して  飲みに来ないかって誘いたいけど  先に引きさがんのもシャクだな  それじゃまさに君の思い通りだ
我慢比べならもういいだろ?  朝まで飲み明かして忘れないか
ごめんねとすぐに謝るのだ!  君の文句だってとことん飲むぞ!  ここで引きさがんのが本当の男らしさ  僕の思う勝利だ  でまた僕は君の思い通りだ

最高じゃないですか?


③わたがし/back number

好きな女の子を夏祭りに誘って、手を繋ごうか告白しようかどうしようか…
っていうかわいい歌です。
こんな甘酸っぱい高校生みたいな胸キュンストーリーを歌っているのが、女子高生バンドとかではなくおっさんってのがまたいい。笑
水色に花びらの浴衣がこの世で一番似合うのはたぶん君だと思う  よく誘えた  泣きそうだ
この歌い出しでぐぐぐっと引き込まれました。
「泣きそうだ」っていうこの男の子がかわいくてかわいくて。
back numberの歌詞は全体的にちょっと情けないというかだいぶ女々しいんだけど、それが好き。笑
他にも、"スーパースターになったら"とか"半透明人間"とか"そのドレスちょっと待った"とか"ネタンデルタール人"とか、情けないけど最終的には前を向いてる系の名曲がたくさんあります。
関ジャムまだ見てないー!わくわく



スプーン/藍坊主
宇宙に行ったライオンを提供してくれた藍坊主(あおぼうずと読みます)。
わたしが大学時代に一番好きだったバンドで、自分でもコピーバンド組んでて、それくらい思い入れがある大切なバンドです。
そんな藍坊主が関ジャニ∞に曲を提供してくれるって知ったときのわたしの驚きと喜びといったら、そりゃもうすごかった。
しかもすばるくんがあんっなに熱を込めて歌ってくれて、ソロツアーのセットリストにも選んでくれるほど気に入ってくれて。幸せです。
で、そんな藍坊主でわたしが好きな曲の一つがこの曲。
「ただいま」とスプーンに話しても  疲れた自分が映るだけ 「おかえり」が待っている台所が  こんなこんなに幸せだったなんて
いつ聞いても泣きそうになります。
ずっとずっと大事にするよ  「あたりまえ」という「しあわせ」
あたりまえなんてないジャニーズの世界に浸っている今聞くと、大学時代とはまた違った意味で泣きそうになります。

他にもオススメしたい藍坊主の曲はたくさんあるんですけど、中でも"瞼の裏には"っていう振られてしまう曲と"雨の強い日に"っていう振る曲がオススメです。
一時期引くほどずーーーっと聞いてました。どんなとき?振られたときです。(無駄すぎる個人情報)



⑤ふたりごと/RADWIMPS
いまのところエイトとは直接の関わりはありませんが、好きなメンバー多いですよね?特に横山さんはカラオケで歌うらしいし!名前はラッドウィンプスと読みます。
ボーカルで作詞作曲してる野田洋二郎さんワールドは独特でやや厨二感あって中毒性がある感じ。
特に初期~中期の恋愛の曲はなんというか密度が濃いというか。ちょっと狂気も感じるし危うくて消えそうなファンタジーっぽさに惹き付けられます。
そしてこの曲。まず「ふたりごと」っていうタイトルがすごい。ふたりだけで世界が完結してる感じ!
六星占術だろうと大殺界だろうと  俺が木星人で君が火星人だろうと  君が言い張っても  俺は地球人だよいやでも仮に木星人でも  たかが隣の星だろ?  一生に一度のワープをここで使うよ
いやもうすごい、「たかが隣の星だろ?」ってすごい。洋二郎すごい。
こんな夢をいつまでも見よう醒めなければいいってことにしとこう  醒めるから夢と呼ぶんでしょう?って言うなら他に名前つけよう

いやーー、すごい。

もともとわたしこの曲には青春時代の思い出がありまして、大好きだったんだけど、よこがこの早口な曲をカラオケで頑張って歌ってるのかと思うと…いろんな想いが溢れて爆発しそうです。



⑥サヨナラ/カラーボトル
ワッハッハーを書いてくれたのがカラーボトルのボーカルの竹森さんです。
もともとわたし、ワッハッハー大好きでして。いけいけどんどん!!なテイストが多い関ジャニ∞のなかで、ほっこり温かいこの曲本当に好きです。なのになんでほとんど歌ってくれないのーーー
そんなワッハッハーですが、2008年の秋頃にカラーボトルいいなぁーって好きになったあとにカラーボトルがワッハッハーの提供者さんだと気付いて、よりますますワッハッハーが大好きになりました。
サヨナラ今日までの毎日よ  ここから僕ら歩き出そう  胸をしめつけるこの気持ちが  いつの日か思い出になっても
この曲本当に泣ける名曲で、いま歌詞打ってるだけでなんなら泣けそう。
歌い出しで「僕ら歩き出そう」って言ってた彼が最後のサビでは「僕は歩き出すよ」って言うんです。
はぁぁぁぁあーーーー高校生ってそれだけで尊い!!高校生ってたぶん人生で一番キラキラしてる時期で、でもそんな居心地のいいところにはずっと居られないってのもわかっててだからこそ楽しくて、とにかく高校生っていいよねえええ!(熱弁)
PVがまた泣けるのでぜひとも見てほしいです。高校卒業時期のカップルのストーリーで、曲の良さが何倍にも引き立てられてて本当に泣ける。
自分の高校卒業のときに聞きたかった曲です。



⑦運命の人/スピッツ
最後はスピッツです。
関ジャニ∞関係なく、ただひたすら自分が好きなだけですが、たしかすばるくんの8祭のブースで流してた音楽のなかにスピッツ入ってなかったっけ?
余談ですが、うちの母親はスピッツ遠征もするくらいのファンなんですけど、去年のドリフェスにすばるくんが出る!行きたい!チケットない!ってわたしがなったときに、助けてくれたのは母親のスピッツ友達さんでした。やっぱどの世界でも持つべきものはオタクの輪だな、と。
スピッツは知らない人はいないだろってくらいの知名度あるし、ヒットした曲もたくさんあります。もちろんわたしもチェリーも空も飛べるはずも大好きです。
でもわたしが一番好きなシングル曲はこの運命の人です。
愛はコンビニでも買えるけれど  もう少し探そうよ
って、すごく好き。
ほぼすべての作詞作曲はボーカルの草野マサムネさんがやってるんですけど、ほんとマサムネ氏の言葉のセンスが秀逸です。
なにかを決めつけたりせずにどこか曖昧で、明るい歌でもどこか自信なさげで、でもだからこそすーっと心にしみるというか。
元気なときはいいんだけど、少し弱ってるときに「頑張ろうぜ!」とか「君ならできる!」的な曲ってちょっと疲れちゃいません?そういうときってわたしはエイトならワッハッハーとかイエローパンジーストリートとか聞きたくなります。無責任ヒーローとか前向きスクリームはちょっと重い、胃もたれする。笑
その点、スピッツの曲は「きっと」とか「はず」とかが詞にも多くて、「よっしゃー!」って即やる気には繋がらないけど、「しゃーないまた明日もがんばるか…」ってじんわり回復できるんですよね。
レッドブルみたいな速効性はないけど、生姜湯みたいにゆっくり長持ちする温かさがスピッツの魅力だと思ってます。
悪あがきでも  呼吸しながら  君を乗せて行く
恥ずかしくても  まるでダメでも  かっこつけて行く
ダメでもいいじゃん、ちょっとずつ頑張れば  って気持ちにさせてくれるんですよね。決してポジティブじゃないんだけど、最終的には前向きというか。
これはもうマサムネ氏自身の性格だな、と。だって歌もちょっとひねくれてるしMCも大体自虐的だし!笑
でも広く(浅く?笑)みんなに好かれてて、業界人気もめっちゃ高くて(スピッツのアルバムを一枚まるごといろんなアーティスト達がトリビュートするアルバムが今月出るんです)、スピッツやっぱすごいよ!

あと、自分のなかではback numberってスピッツに似てるなと思ってる。






なんか最後の方はただ好きなスピッツについて熱弁しただけになっちゃったけど、でもスッキリしました。笑

藍坊主とカラーボトルはそんなに有名じゃないんだけど、ほんといいバンドなんで少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!


関ジャニ∞がこんなにバラエティー豊かなアーティストさんから楽曲提供してもらえてるのも、ジャニーズレーベルじゃないテイチクにいたからなのかなー?ありがたいご縁だ。
関ジャムでたくさんのアーティストさんと一緒に演奏できる機会をもらえてることもありがたいし、サンボマスターとかはこれをきっかけに今回提供してもらえたのかなとか思うと、これからの関ジャニ∞と関ジャムがますます楽しみですよね。