読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

生きてく理由をそこに映し出せ!


f:id:johnnys10:20160807220008j:image
 
f:id:johnnys10:20160807215954j:image
 

f:id:johnnys10:20160807220051j:image

ロッキン行ってきたんですけども、いろいろ書き残しておきたいことはたくさんあって、ていうかまだ来週もあるし、

でもとりあえずUNISON SQUARE GARDENが最高だったということだけ大声で自慢させてください!!
 
 
もーーーーまじで最高でしたーーーー!!!!
 
ロッキンにユニゾンが出るのは2年ぶりで。
というか、2015年はフェスなんにも出なかったんです、たしか。ビバラロック以外。
2014年の3月に斎藤が喉のポリープの手術を受けて、その影響でGWのビバラロックの出演をキャンセルすることになってしまって。それがあったから、去年もビバラロックだけは出たんだろうなと思ってるんですけど。
で、あーもうユニゾンはフェスには出ないのかな、って思ってたんですよ。
田淵が…というか3人ともだけど、昨今の音楽シーンの「はいみんな一緒に\(^^)/」みたいな感じに「僕たちはそういうんじゃない」って思ってるじゃないですか。
だから、もうそういうお客さんが集まるようなところでライブはやりたくないのかな、って。
 
でも今年めっちゃ夏フェス出てて。笑
杞憂だったかな、と。
でも本当に嬉しい!
やっぱりワンマンとはまた違う楽しさがあるもの、フェスで自分の本当に好きなバンドを見るっていうのは。
 
 
でもね、今日のユニゾン、いい意味でいつも通りだった。
田淵風に言うと、通常営業だった。
 
フェスでのライブっていうのは見に来てくれてる人達は自分達のファンだけじゃない空間なわけで。
時間空いたから見てみようかな~って人とか。1曲だけしか知らないけどせっかくだから見てみたいな~って人とか。いろんな人がいるわけで。
だから大体のバンドは「今日は俺たちを選んでくれてありがとう」だとか、「短い時間だけど楽しんでいってね」だとか、ファンじゃない人向けに何かしら言ってくれることがほとんどで。
あとは、有名曲鉄板曲ずらっと並べたセトリになることも多くて。
それが悪いことだとかそういうんじゃないんですよ!
 
でも、今日のユニゾンはそういう配慮がほぼゼロで。
本番前のサウンドチェックは他のバンドと同じく本人達が出てきて音合わせてました。でもリハ代わりに1曲サービスしてくれるわけでもなく。「このあとはよろしくね」の一言があるわけでもなく。
セトリも、まあ有名曲もそりゃやったけどでもそれだけで固めることはなくて、先月出したばかりのアルバムから3曲もやって。
MCも一切なし!斎藤が最初に「UNISON SQUARE GARDENです」って言ったのと、最後に「またね」って言っただけ。
持ち時間目一杯使ってひたすら演奏するのみ。
曲間に給水したりチューニング確認するときも、3人とも無言。お客さんの呼び掛けにも一切リアクションせず。
 
これだけを読んでるとただ無愛想で不親切なだけに思えるかもしれませんが、ていうかまあそれもあながち否定はできないけど笑、そのかわり演奏だけで十分かっこよかったんです!!!
サービスを求めてるわけじゃないし、メンバーと仲良く会話したいわけでもないので。
いいものを見せてくれれば、逆に他に何が欲しいの?って感じっすよ。
 
媚びない曲げないブレない通常営業のユニゾンが、痺れるくらいかっこよかった!
あーーーーーやっぱり好きだーーーって演奏中に何度も思いました。
 
 
あとね、レイクステージという2番目に大きいステージだったんですけど。
そこが人で埋まってて本当に本当に嬉しかった!
何度も後ろ振り返ってたーーくさんの人人人を確認してしまいました。嬉しくて。
わたしが初めてユニゾンをロッキンで見たのは2012年で、そのときはフォレストといってレイクよりも小さいステージでした。
2013年の初レイクは、正直全然埋まってませんでした。ユニゾンと半分かぶる時間帯に他のステージでワンオクがやっていて。みんなどんどんユニゾンからワンオクに流れていっちゃってて。それは全部ステージからも見えてて、斎藤が「ワンオクによろしくね!」って笑いながら自分達に背を向けるお客さんに呼び掛けてたのがすごく切なくて悔しくてすごく覚えてます。いまなら斎藤そんなこと言わないだろうけどね、あの頃はまだ若かったんだな。
2014年のレイクは、2013年ほどガラガラじゃなかったけど、満員とは呼べないくらいの人の入りで。あーーまだまだなんだなぁ、ユニゾン、、って今度はちょっとだけ悲しかった。
だから、今年のレイクのほぼ満員が本当に本当に本当に嬉しかったんだ~~~
でもまだ“ほぼ”。
来年は入場規制かかるくらい超満員にしてほしい!願わくば、レイクのトリとかやりたい!
本人達はもう、他のバンドと比べたりはしてないだろうけどね。ファンとしてはやっぱり、よりたくさんの人に見てもらって「どうだ!かっこいいだろ!」ってどや顔かましたいんですよ。
 
 
 
2日間ロッキン行ってクタクタで早く寝たいはずなのに、結局この文量…笑
 
セトリ順に一応さらっと各感想も。
 
 
1 mix juiceのいうとおり
まさかこれが1曲目だとは!
ニゾンはこういうお洒落な感じのピアノが意外と合うよね。
楽しかった、早くツアー行きたい!
 
2 桜のあと
始まった途端後ろから人が押し寄せてきた…
会場の盛り上がりは一気に高まった感じでした。
一緒に歌われるのはユニゾンはあんまり好きじゃないかもしれないけど、でも野外でみんなでらーららららーらーらー歌うのは気持ちが良かった。
 
会場大熱唱!知名度抜群!さすが!
ぱーふぇくとりーゆーふぉーりあ!!
 
4 オトノバ中間試験
聞きたかったーーー!!聞けて嬉しいーー!!
たかおが楽しそうに曲中にジャケット脱ぎ捨ててました。かわいい。
 
5 MR.アンディ
予想外だったけど古い曲もやってくれるなんて嬉しい!
曲中のクラップやってる人は少なかったけど、知らないだろうけどちゃんとノッて聞いててくれる人がたくさん居て嬉しかったな。
 
6 天国と地獄
これも盛り上がったー!
田淵は今日も暴れ狂ってたし、足上げまくってました。運動量半端ない。
 
会場の待ってました感がすごかった。オリオンより大きかったなぁ。
ちょうど日も暮れてきて、すごく爽やかでいい気持ちでした。
みんな踊ってくれてた~嬉しい~
 
8 cheap cheap endroll
めっちゃかっこよかったし楽しかったー!
「君をもっと嫌いになってゆくー!」って最後に歌うってほんとユニゾンらしい。笑
斎藤がガッツリギターソロやってて沸いたー!
 
 
みんなが求めてる曲もやりつつ、でもアルバムから始まって終わるっていうのがとても通常営業のユニゾンだったなぁ、と思います。
 
田淵はいつも通り暴れてたし、斎藤はいつも通り淡々とクールにやってたし、でもたかおが本当に本当に本当に楽しそうに嬉しそうに客席を見てにこにこ演奏してて。
もうもう、こっちも胸いっぱいだよーーたかおーーよかったねぇー!よかったよー!
 
 
 
明日からまた仕事だけど、来週はまたロッキンだし、それが終わってもまた来年のロッキンのために頑張って働こうって思いました。
生きてく理由はここにあるのだーーー!