読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

宮近海斗くん19歳おめでとう!!

f:id:johnnys10:20160921005735j:image

 
宮近お誕生日おめでとう!
 
18歳の一年間はどんな一年間だったかな?
お仕事面ではTravis Japanとしてたくさん現場があって充実していた一方で、きっと悩むことも多かったと思う。
私生活では高校を卒業して大学生になって、楽しいことも大変なこともいろいろあったんじゃないかな。
宮近18歳の一年間をずっと応援できたことが、まずは幸せなことだなと思っています。
ジャニーズでいてくれてありがとう。
19歳もまた、一年間どうぞよろしくお願いします!
 
 
宮近くんお誕生日記念ということで、せっかくなので宮近を好きになった経緯を振り返りたいと思います。
 
わたしが宮近にぐいぐいっと惹かれていったのは2015年1月のことでした。
それまでも、岸くんとセクボが大好きだったのでもちろん宮近のことはJr.のなかでも比較的好きな方でした。
まあそれでも「岸くんの仲間達」くらいの感覚でした。
「その他大勢」から「宮近海斗」になったのは…宮近の夢を見たからです。
この年にもなって、夢きっかけで誰かを好きになるとは思わなかった~しかもだいぶ年下のジャニーズJr.~笑
ちょうどお兄ちゃん、ガチャが始まる頃でした。
通学バス(夢の中ではわたしも宮近と同い年の高校生でした~)で宮近と会って、その内岸くんとか神宮寺とかみんな誘ってキャンプに行こうよって話になって、じゃあLINE交換しよっかってなって、学校ついて「じゃ!」って別れたところで目が覚めました。
高校生らしい健全な夢。笑
でもそこから妙に宮近のことが気になって気になって、そしたらガチャのレイくんがまた切なくて…!
ガチャ見ていく内に、岸くんの次に宮近が好きだなー!くらいの気持ちになっていました。
f:id:johnnys10:20160921215021j:image
 
2015年1月22日。
宮近いいなー、好きになってきたなー、ってタイミングでプレゾン千秋楽。
宮近がWBTでスーッと流した涙が綺麗だった、ってレポを読んで「よし、プレゾンDVD出たら買う」ってすぐ思いました。ほんとにあっさり「あ、買おう」って思って自分でも不思議になったのを覚えています。
翌日のWSも録画して、ずらりと出演者が並んだ壇上に登れてなかった端っこの宮近にかわいいと騒ぎ、松葉杖姿ながらもみんなと同じ服を着てみんなと一緒に並んでいる顕嵐を見ていろいろと泣きそうになりました。
 
2015年3月20日。
出演が告知されてからずっとずっと楽しみにしていたトイレイwithお兄ちゃんズのPON!ですが、前日にあったSHOCKの舞台事故のこともあり、本当にこの日に生放送に出演してくれて嬉しかったです。
岸くんが笑っていることにも、そんな岸くんの隣に宮近がいてくれることにも、本当に救われました。
いやほんと、いま思うとガチャはわたし得でしかないです。
このPON何回見たことか…!
f:id:johnnys10:20160917073307j:image
 
2015年4月1日。
PONを見て「宮近に会いたい…!」って思い立ってチケット探して突発的にガムパに入りました。
見れてよかった、入ってほんとによかった、思い立って行動した自分ほんとグッジョブ。
わたしが入った回は、あらちか二人羽織り回でした。
あのときの、周りがだんだんペア決まっていくなかでなかなかどっちも動こうとしないあらちかを見て、「これが噂のあらちかジャスティス!!!」って感動した気持ちは忘れません。
宮近がケーキに顔ごとかぶりついて顕嵐は皿持ってるだけっていう絵も忘れないし、終わったあとケーキまみれの宮近の顔をニコニコ笑いながらタオルでぬぐってた顕嵐と照れながら嬉しそうな宮近とそんな二人を見て会場からあがったものすごい悲鳴も忘れません。
 
2015年4月8日。
優馬のYOLOmomentバックにトラジャ弟組がついたこの日の少クラを本当に何度も何度も何度も繰り返し見てました。4月はほんとにずーっとこれ見てた。
わたしはそれまでセクボにいる宮近が大好きだったので、ちゃんとトラジャとしての宮近を好きだと思ったのはこれが最初でした。
宮近ってこんなに楽しそうに踊るんだ、トラジャってこんなに踊れる子達なんだ、って驚きました。
よろもめPVが見たくてCDも買ったけど、曲としても大好きです。
ジャニオタとしてうじうじへこんだときに聞くと気持ちが少し明るくなれます。
よろもめのオフショの宮近がめっっっっちゃ好き、超かわいい!
f:id:johnnys10:20160922002406j:image
 
2015年5月。
トラジャ弟クリエレポを漁りまくってました。
滝チャンネルのトラジャ弟クリエ動画、本当に何度も見ました。
頑張ってる君の目が世界中に輝いて Will Be All Right変えてゆく You Shine On The World
何度も何度も動画を見ている内に、いつか生でこの子達の輝きを見てみたいと思うようになりました。
最初は宮近がいるグループだ、くらいにしか思っていなかったTravis Japan全体に段々と惹かれていきました。
「明るくて面白い」宮近しか知らなかったわたしは、クリエ動画でかっこいいところ・かわいいところ・ダンスがうまいところ・しっかり者なところ…宮近のいろんな面を今更ながら知って驚きました。
 
2015年夏。
岸くんと宮近がわたしのなかで並び始めたのはこれくらいかな。
キンプリバブルがあまりにもすごくて、嬉しいんだけどなんかちょっと戸惑ってしまって。
せっかく優勝したチーム武も、わたしはあんまり好きになれなくて。好きになれないというかチームに見えなくて。
「明るくいきまっしょー!」って宮近が楽しそうに笑ってるチーム覇の方を応援してる内に、あれ?わたし結構宮近好きだな?って気付きました。
f:id:johnnys10:20160921232641j:image
 
2015年秋~2016年春。
相変わらずTravis Japanのメディア露出は少なかったけど、嵐先輩のツアーバックに選ばれたり(あぁそういえばJaponism買ったのにまだ見てない…)タキツバはもはやバックというか準主役くらいの出番をいただいたり、少クラスタジオ収録分として放送してくれたあらちかネバアゲやら弟組Shelterやらスリルを何度も何度も何度も見たり、ガムシャラの出演回を喜んで見たり、それなりに楽しく過ごしていました。
正直に言うとこの時期が一番岸担(というかPrince担)としてきつかった時で、そんな時に「宮近好きだな~」と思う中に岸担としてつらさから逃げたい気持ちが混ざっていたのは事実です。
でも実際あのときジャニオタとしてくじけそうになってたわたしを繋ぎ止めてくれたのは宮近だったしトラジャでした。
セクボ時代の方が断然Jr.内の序列的なものは高かっただろうしデビューにも近かっただろうし。
でもセクボがなくなってトラジャに戻って頑張ってる宮近から悲壮感とか諦めとかそういうネガティブなものは全然伝わってこなくて、むしろとても生き生きと楽しそうで。
こんなに明るくて楽しそうな宮近を応援していたらそりゃ自分も明るくなれるし楽しいよな、Jr.のトップになることが全てじゃないよな、って思えました。
それくらい宮近はすでにわたしにとって魅力的でした。
f:id:johnnys10:20160921223447j:image
f:id:johnnys10:20160921223726j:image
f:id:johnnys10:20160921223929j:image
 
2016年5月4日。
Travis Japan9人を初めて生で見たこの日のクリエが、最後のきっかけというか踏ん切りというか…とにかくこのクリエに背中を思いっきり突き飛ばされて宮近担・Travis Japan担になりました。
 
2016年6月12日。
ドラマ「99.9」出演。
本当に本当に嬉しかった誇らしかった!!
f:id:johnnys10:20160921225037j:image
 
2016年6月29日。
少クラ生放送にTravis Japanが出たことは本当に大きなことだと思います。
いわゆる舞台班にとって少クラ出演というのは低くない壁で、今まで半ば諦めていました。
そんな壁をぶち壊して最高にかっこいいところ見せつけてくれたTravis Japanが大好きで誇らしくて最高に幸せでした。
Travis Japanの頑張りは間違ってなかったし、Travis Japanを応援してきたファンも間違ってなかったんだな、って何かが報われたような気がしていました。
f:id:johnnys10:20160921225642j:image
f:id:johnnys10:20160921225721j:image
 
 
 
 
振り返ってみて改めて自分は宮近担としてまだまだ羽も生えてないひよっこだな、と感じます。
2012年、まだまだ子供だった弟組が必死でもがいて頑張ったTravis Japanとしての初めての夏も
2013年、自分のことを「派遣社員」と呼び自分の望みとはもしかしたら違った場所でそれでもひたむきに踊っていたことも
2014年、セクボとして爆発的に推されてJr.の最前線にいたこともそこからまた切り離されてもともとの居場所に戻ったことも
いろんな思惑や事情に振り回されながらもそれに負けずに頑張っていた宮近くんのことをわたしは直接は知りません。
知りたかったと思うし、もっと早くから追いかけたかったと思うけど、でもそれでも頑張ってる宮近くんを好きでいれてよかったとも思ってます。
これまでも大きなターニングポイントはいくつかあったと思うけど、もたぶん、すごく大事なときだと思うから。
頑張ってる宮近達を全力で応援したい。
Travis Japanのために自分も頑張りたい。少しでも力になりたい。
 
 
宮近の好きなところ…ダンスが綺麗、表情が豊か、声がまるくてかわいい、周りを気遣える、言葉のチョイスがちょっとおばかだけど優しい、頑張りやさん、凛々しい、頭がいい、ダンスが大好き…いろいろあるけれど、一番は「応援していて誇りに思えるところ」です。
どんなときでも手を抜かずに与えられたものをしっかりと頑張るし、
叶えたいことやりたいことを言葉にするし、
叶うように努力も怠らないし、
そして見せてくれる仕事の一つ一つがぜんぶ「あぁやっぱりこの人は素敵だ」「こんなにかっこいいなんて本当に誇らしい」「好きでいて本当によかった」と思わせてくれるなんて、ファンとしてこんなに幸せなことはないです。
 
この夏何度も折れそうになったし、これからもきっとまた落ち込むことも荒れることもあるだろうけど、でも宮近はみんなの太陽だからきっとわたしのことも何度でも救い上げてくれる。
だからわたしも19歳の宮近を明るく照らす光に少しでもなりたいと思っています。
 

f:id:johnnys10:20160921234235j:image


f:id:johnnys10:20160921234249j:image


f:id:johnnys10:20160921234303j:image

f:id:johnnys10:20160921234314j:image
 
f:id:johnnys10:20160921234403j:image

f:id:johnnys10:20160921234329j:image

f:id:johnnys10:20160921234433j:image

f:id:johnnys10:20160921234511j:image

f:id:johnnys10:20160921234521j:image

f:id:johnnys10:20160921234649j:image

f:id:johnnys10:20160921234702j:image
 
 
宮近海斗くん、19歳のお誕生日本当におめでとう!!!!
19歳がどうか幸せな年になりますように…!