読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

岸くんは本当に舞台が似合う! ジャニワ感想①

f:id:johnnys10:20161014152904j:image

ということで、ジャニワin梅田観劇してきましたーー!!
いやもうね、岸くん素晴らしかったです!!!
かっこよくて誇らしくて幸せでした。

10/12夜と10/13昼公演を観てきたんですけど、10/13終わったあとこんな感じでした。

いやほんと、もう一回観たい…(TT)


舞台に立つPrinceを見るのは2015年初冬ぶり。
岸くんはいい意味で期待通り変わってなくて、じぐいわはいい意味で期待以上に変わっていました。

15/16ジャニワにPrinceが出演できなかった(しなかった?)ことは、わたしたちファンも本当に本当に辛かったけど、それ以上に本人達もいろーーーーんなことを考えただろうし。
それが今回のジャニワでの素晴らしいパフォーマンスに繋がったのかと思うと、Prince3人丸ごと誇りの自担です!!

f:id:johnnys10:20161015234750j:image
そりゃこうなるよね…笑




一幕は従来のジャニワのストーリーとほぼほぼ一緒だったかな?
前2作でのケントとショウリの役割をショウが合わせて受け持ってた感じでしたね。
像にぶつかったり、「あのプロデューサーは狂ってる!!」だったり、「どうしてあなたは悲劇ばかり見せるのですか」だったり、今まで何度も観てきたしょりたんと健人が演じてるシーンを紫耀くんがそのまま演じてて、改めて“座長・平野紫耀”を感じました。
紫耀くんすごかった。全く遜色なかった。これでまだJr.だなんてもったいなさすぎる。。

特にケントの見せ場の、壁を走るフライングシーン。
壁を走る早さは健人に比べると少し遅かったかな?窓ガラスが割れるスピードからやや遅れてるように見えました。
でも、スクリーンを蹴ってビル壁をトランポリンみたいにビヨーンビヨーンってやるところは個人的には健人よりうまいな(映像と合ってるな)と思ったし、隕石とぶつかってグルグル激しく回転するところもとても綺麗だったし、さすが紫耀くんと心底すごいと思いました。

Princeの登場の仕方かっこよかったーーー!
SHOCKでのコウイチもそうだし、帝劇ジャニワでのえびもそうだけど、あのパネルから登場する感じかっこいいなと思ってたからPrinceが今回あれをやらせてもらえて嬉しかったです。
今回全体的にPrince岸くんセンターが多かったなと思うんだけど、舞台での岸くんの輝きはピカイチなんだからこの布陣は大正解だったと思います。
岸くんセンターのPrinceはグッと引き締まる。
岸担だからとかじゃなくて、Princeのセンターは岩橋よりも岸くんの方がいいと思う!
岸くんが梅芸の舞台のど真ん中で美しい姿勢で美しく両手を広げて立ってる姿を見て、「Princeつよい…!!」って感動しました。
あとはもう純粋に、岸くんがど真ん中に立って歌って踊ってるのが嬉しくて嬉しくて泣きそうでした。

Not Enoughを踊る岸くんを観るのはわたし初めてだったので感激しました!
ていうか、岸くんほんと手がデカイ。笑
手が大きいからだけじゃなく、踊りが大きい岸くんにはノイナの振りは向いてるなーと。
腕くるくるするのも手の平パッと開くのも足踏みするのも岸くんとっても全力でとっても綺麗!
合間に関ジュの子達とアイコンタクトとって笑い合っててかわいかった~~
まあでも、白手袋なかったのがな…皆さんお思いだと思いますが、“そうじゃないだろ”感めっちゃ強かったわー。

関ジュの時の旅人。
こーじは台詞多いけど澱みなく喋れててさすが舞台慣れしてると思ったけど、ちょっと滑舌がなー、惜しいなあ。
室くんはさすがの安定感で、藤原丈くんも上手だった。
西畑大ちゃん初めて生で観たけど、あの子すごいね!!
さすが朝ドラ俳優!お芝居のレベルが違う、一気に大ちゃんの世界に引き込まれました。
というか、岸くんもだしまつくもだし、SHOCK組は本当に舞台映えするからほんと誇らしい。
えびに比べるとやっぱり若いし、プロデューサーを導くポジションの時の旅人役はちょっと、うーーーん?って感じだったけど、でも関ジュは総じてパフォーマンス力が高いなと感じました。

1年を辿る旅は帝劇ジャニワより省略されてましたね。
神宮寺と東京4人組の和のシーンほんっっとかっこよかったです!
じぐすごい!!
今回全体的にずっと、神宮寺を観ては泣きそうになってました。
恵まれた立ち位置にいるのにダンスも歌も演技もなんだかパッとしなくて、いまいち上達してる感じも見られなくて、もちろん努力してるだろうけど「神宮寺もっと頑張れよ!!」ってここ2年ずっと思ってて。
だけどステージの真ん中で一人で堂々とパフォーマンスする神宮寺はわたしの知ってる神宮寺じゃなくて、とってもかっこよくて、それが嬉しくて嬉しくてたまらなかった。
10/12夜は、登場したときからずっとじぐ達5人がニコニコというよりクスクス顔見合わせて笑ってて。
なんだなんだ誰かなんかふざけてるのか?ちゃんとやりなさいよ(-_-#)
…とか思ってたんだけど、ふざけてたのはなんと堂本光一くんでした。笑
わたしはずっと双眼鏡で神宮寺を見ていたのでぜんっぜん気付かなくて、幕間にTwitterで知りました。
いやーJr.マンションで激しく踊り狂う光一くん見たかったわーー笑

関ジュの和コーナー、すっっっごくよかった!
百花繚乱って曲なんですね?華やかで、でも儚くてすっっっごくJr.に似合ってたー!
一人でハチマキ頭に巻いて流星くんが出てきたときは完全に中学生の体育祭だったけど、そのあと関ジュみんな出てきて傘やら扇子やらで華やかに舞ってて、すっっっごくよかったです!!
語彙力ないけどほんとすごくよかった、いいシーンでした。

平プリの太鼓姿はしょりサマパラでも見ましたが、本当にかっこいい。
まっっすぐ前を見て力強く太鼓を叩く岸くんの真剣な表情を双眼鏡でガッツリ見たい、でも4人力合わせて作り上げてるこのシーンを全体図で目に焼き付けたい、ううううう…
ってなった結果、あんまり覚えてないけど。笑
f:id:johnnys10:20161016234923j:image
ステフォかっこいいですよね~~♡
タワシ頭も気にならなくなってきたから不思議、現場の力こえぇ。笑

タイタニックのシーンの岸くんのお兄ちゃんすっっっっごくよかったです!!
そもそも前作ではれんれんが演じてた役で、きてぃれん厨のわたしにとってはそれだけで胸アツ案件だったんですけどね。
いやー、岸くん、れんれんと段違いだった!(れんれんごめんね><)
岸くんと弟役は風雅くんかな?台詞始まる前から二人のお芝居は始まっていて。
ただ話してるふりをしてるたけじゃなかった。わたしにはお金持ちに憧れている兄弟の会話が本当に聞こえてきました。
台詞が始まってからも岸くんのお芝居は素晴らしくて。
「このポールルームのスターダンサーさ」弟にいろんなことを優しく教えてあげるお兄ちゃん
「だーめだ、俺たち地下の人間は、あそこには入れないんだ」弟を諭す良きお兄ちゃん
「ニューヨークに着いたら、もっっといいとこに連れてってやる!」弟を励まして希望を持たせてあげる頼もしいお兄ちゃん
どの台詞も本当に感情が込められてて、本当に観ていて引き込まれたしその分切なくて苦しくて。
この兄弟がどうか幸せになってほしい…! と、思ってたところに衝突事故。
岸くん、風雅くんに本当に体全体で覆い被さって必死で衝撃から守ろうとしてて。
れんれんがどうとかじゃなくて、ここの岸優太がただひたすら圧巻の演技力でした。
前作よりタイタニックの部分がかなり短縮されてたのが残念だったなー。
「弟が怪我をしているんです!!」って必死な岸くん見たなったなぁ。
それでも、今回見せてくれた岸くんのお兄ちゃんは、SSSランクお兄ちゃんだったなと思ってます。
いわちのスターダンサーは……が、頑張ってたけども、比較対象が五関さまだからちょっと酷だったかなあ。

ヒンデンブルグ号のシーンのレポーター役、神宮寺だってわたし10/12に観たときは気付かなくて。
長台詞だけどすらすら聞き取りやすく喋れてるなあ、この子だれだろう?とか思ってて。
10/13はわりと前の方の席だったんですけど、「え?この線の細い背の高いシルエットめっちゃ見慣れてる気がする…?」って、やっと気付きました。笑
神宮寺すごいねーーーー!!いい意味で溶け込んでた!ぜんっぜん浮いてなかった!
最初は淡々と、爆発したあとは早口で鬼気迫る感じで、レポーター役としては完璧だったんじゃないかな。誉めすぎ?でもわたし的には塚ちゃんより好きだったな。
あと、野次馬役として通路に居たげんげんが言った、たしか「一度は乗ってみたいなぁ~」みたいな台詞だったと思うんですけど、ジャニワでは終始キリリッとかっこいい元太くんだったのが、ここだけめっちゃ普段のアホっぽいかわいいげんげんの喋り方で、一気に癒されました。

日本の空襲のシーンも、弟役がまつくだって初見ではちっっとも気付かなくて。
こーじが弟の名前読んでたのも、ぜんっぜん聞き取れなくて。笑
いやあ、ここのカイト本当に素晴らしかったです!!!!
わたしはユウタを引きずってたせいで結局今年のSHOCK観に行けなかったので、カイトを経てまつくの表現力がこんなに上がっていたなんて全然知らなかった。
もちろんこーじも素晴らしかった、ここのシーンだけちょっと浮いてたもん。
愛すべきジャニーズとんちきワールドのなかに組み込んじゃいけないくらい、ヘビーだったし完成度が高かった!
あと、硫黄島のシーンで神宮寺が「この地を敵に渡すものか」「この悲劇を次の世代に引き継いではならない」的な台詞言ってて、ここもすごくよかったなー、心にグッときた。

岸くんソロでのBack Fireは、全然知らなかったのでびっっっくりしたし感激しました。
岸くんが一人ポーズ決めながら、奥から回転ステージで登場してきて、曲がかかって。
まさか梅芸のステージで岸くんがたった一人で歌って踊ってくれるなんて思ってもなかったから、嬉しくて嬉しくて幸せで。
(ごめんなさい、funky8さん達もいたけどわたしには岸くんしか見えなかった)
Prince体制になってから、少クラとかライブで披露してくれる曲のチョイスがことごとくわたししっくりこなくて。
そんななか、Back Fire(とカナシミブルー)だけは最初からすごく好きだったし、岸くんにも合ってるなと思っていて。
だから今回この曲が岸くんのソロだったことが、より嬉しかったんですよー。
しかも生歌でしたよね?!?岸くんって、改めてほんとすごい!!!
歌も上手だった~全く不安に感じるところなかった。
しかもバク転も決めてて、しかも狭くて高いステージの上で、しかもバク転して即サビ歌ってて。
岸くん、本当にすごい人だよ。ちゃんとどんどん成長してる。
最後のサビは一段上のステージから下りてきて、舞台のど真ん中の前の方まで岸くん来てくれたから、10/13はかなり近くて。
いやあ、岸くんのオーラを感じました。

神宮寺は結局バク転は完成しなかったのかな?それはそれで残念だったけど、でも松松とのバケツパフォーマンスも素晴らしかったです!
新旧チーム者の共演ってだけで高まるよね~!
バケツの中にスティック投げて入れる技、3人とも2日とも成功してて、思わずものすごく大きく拍手しました。
神宮寺が習得に苦労してた2014夏、まつくは練習してる神宮寺にヤジと茶々入れてたなぁとか、
うまくスネアが叩けなくてげんげんがふてくされてた2015夏とか、
いろいろ思い返せる出来事があったから、いろいろ泣きそうでした。



なんとか一幕の感想書き終えた~~\(^^)/