読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカイ夢追いかけて 何があっても

岸優太くんと宮近海斗くんと佐藤勝利くんとエイト

Travis Japanと2人の未来にどうか幸あれ

ステージナビ読みました。

早売り読んだ人のツイートちらっと見ちゃって、なんとなくどういう話をしているのかはわかっていたけど。まさかこんなにズバリと語ってくれているなんて。ちょっと予想外でした。

顕嵐。拡輝。2人はもうTravis Japanじゃないんだって痛感しました。曖昧なままも辛かったけど、こうもハッキリと宣告されるのもなかなか辛い。ぽろぽろーってドラマで見るみたいに自分の涙が落ちていくのが見えました。でも、宮近と如恵留くんの言葉で伝えてもらえてよかった。他の誰でもない、同期である2人から2人のことを伝えてもらえてよかった。だって2人がきっと一番辛い。

去年の夏からわたしは何度も何度も感情のアップダウンを繰り返して、それでも結局顕嵐がいなくなってしまったことを受け入れられなくて。ていうか、ステナビ読んだいまでもまだ受け入れられないし、理解できないし、たぶんこれから先も当分できない。

それでも、えび座で初めて見る8人のTravis Japanは本当に心の底から誇らしくなるくらい立派で美しくてカッコよかった。あぁ、8人なら8人で、これはこれでわたしちゃんと好きでいられるって思えました。そう思わせてくれる8人が大好きだと嬉しかった。

Jr.グループ総出演のアイランド。オリジナル曲はやっぱりなくて、僻みを抜きにしてもJr.内の序列的なのはやっぱり一番下に思えて、めちゃくちゃ悔しかった。でも、Travis Japan8人はやっぱりかっこよかった。贔屓目なのは十分承知だけれど、Travis Japanは立派に戦えてると思ったし全然負けてないと誇らしかった。推されがなんだ、オリ曲がなんだ、Travis Japanはどちらも持っていないけどでもこんなに輝いてる!って本気で思いました。

Jr.祭りもクリエもある、次のTravis Japan8人の仕事がもう決まってるって本当に幸せだ…って思っていたなか、まさかの拡輝のサヨナラ。本当に本当に本当にショックでした。ステナビで本人たちも言っていたけど、「なんで今??」ってわたしも思ってしまった。「Travis Japanせっかく上り調子じゃんか、やっと!今!」って。

せっかく楽しみにしていた祭りだけれど、拡輝がいないトラジャを見るのもらぶで笑う顕嵐を見るのも怖くて。実際行ってみたらそんなもやもや考える暇もないくらい宮近とトラジャに夢中になれたんですけどね。

 

「大人の人に言われて、それで仕方なく」顕嵐はらぶに行ったんだと、わたしはずっとそう思っていました。そう思おうとしていた。そう思いたかった。

でも違ったんだね。顕嵐が自分で決めたことだったんだね。わたし、顕嵐は飄々としていて受け身なところがあるのかなって思っていたけど全然見当違いだったね。顕嵐がTravis Japanを大切にしていなかったわけじゃない、だってクリエであんなに楽しそうにキラキラとトラジャのセンターに立っていた、それをわたしは自分の目で見たから。だからこそ、大きな決断だったと思うし、そんな大きな一歩を決めた顕嵐はすごいなって思います。

でもやっぱり、わからない。らぶを選んだのはどうして?もっと売れたかったから?らぶならデビュー出来ると思ったから?トラジャじゃダメだと思ったの?わからないよ、顕嵐。

でも、顕嵐が自分で決めたことなら仕方ないかなって思えるくらい、わたしは顕嵐のことが好きなんだ。嫌いになれたらどんなにか楽だったかなーって思ったりもする。でも、嫌いになれない。らぶのことは、いまだに直視できないんだけど、でも顕嵐のことは好きなんだよ、だから辛いんだよ、顕嵐。

宮近のステナビでの『一度きりの人生だから、顕嵐のやりたいことを尊重したい』って言葉。あぁわたしはこの人のこういうところが好きなんだと心から思いました。

そう思えるまでどれだけ辛かっただろう、もしかしたら今もまだ辛いかもしれない、でもいろーーーんな感情を飲み込んで消化して、こうやってわたしたちに前向きな言葉をくれる宮近くんが、大好きです。ありがとう、宮近。

 

拡輝がいなくなってしまったのは、顕嵐よりもショックでした。きっと8人になったとき、みんな辛かっただろうから。その辛さがわかる人が、またそれをメンバーに与えることになるなんて、思いもしなかったから。

でも、拡輝の決断は顕嵐よりも受け入れやすいものでした。きっと、拡輝はジャニーズアイドルでいるより舞台人として生きたくなったんだろうなって、わかるから。

もう少し待って欲しかったな、せっかくこれからが勝負なのに…とは正直思うけれど、でもそれもまた拡輝のかっこよさでもあり思いやりでもあるのかなって。今は思います。

8人になって危機感も半端なかっただろうし、でもそのぶん結束力も高まったことでしょう。みんなで夏も秋も頑張って、冬の次には春も待ってる。そんなTravis Japanの中に、違う夢を持ってしまった自分がそれを押し殺して居続けることは、Travis Japanのためにもならないと思ったのかなって。トラジャが一枚岩でいるためにも、もちろん自分自身のためにも、リスタートは早い方がいいと思ったのかなって。

あとは、夏と秋を過ごしてきて、あぁもう自分がいなくても7人は大丈夫って感じたのかなぁ。最年長からそう見えたなら、それはそれでいいことなのかもしれないね。

 

如恵留くんが『オリジナル曲やオリジナル衣装があってもっとメインでやらせてもらえる存在であれば、そういう決断には至らなかったんじゃないか』って、自分達のせいで2人にトラジャでの未来を諦めさせてしまったんじゃないかって、後悔しているようだったけれど、どうか自分達を責めないでほしい。2人の決断はたぶん、後ろ向きな感情がきっかけじゃないと思うから。だってずっとTravis Japanは十分魅力的だった。

でもわたしは、どうしても後悔してしまいます。もっと9人のために自分が出来ることがあったんじゃないか、って。

 

Jr.祭りの追加公演が発表になったけれど、わたしは申し込むことすらできません。仕事を休めないから。

こんな二週間前に発表するなんてファンのことなめるのも大概にしてくれよ、と昨日は大荒れに荒れました。

さいたまスーパーアリーナだなんて大きな会場、絶対もっと前から押さえてたはず。それをわざわざ会見で発表したいからってここまでギリギリまで隠していたなんて、ひどすぎる。

自分が行けないのが辛すぎて、だったらいっそ追加公演なんかやらないで欲しかったと昨日は思いました。

クリエも外れたし、運動会も祭り追加公演も仕事休めない。それならもう仕事がんばるの無意味じゃん、とまで思いました。

でも、ステナビを読んで、反省しました。

トラジャのみんなに仕事がある、それだけで幸せなことだと綺麗事じゃなく今は思います。

自分が見れないとしても7人が立てるステージがあるなら、それを喜んで応援できるファンで居たいと反省しました。

仕事で辛いこと腹が立つことがあったとき、わたしはいつも「これ耐えたらきっと宮近が幸せになれる」って思うようにしているんですけど、もちろん根拠なんてどこにもないし神様にお祈りしてるだけだけど、そんな風に誰かの幸せを願うことで自分の仕事頑張れるなら万々歳だし、そう思える誰かがいるって幸せなことだなとも思います。

 

マステラストで「俺たちが頑張ってきた歴史は変わらない」って言ってくれたこと。

今回横アリラストで「Travis Japan7人で頑張っていきます」って言ってくれたこと。

どちらもわたしは直接は聞いていないけれど、わたしたちファンが不安に思ってる時に言葉ではっきりと伝えてくれる、宮近のこういうところが大好きです。

 

 

少クラにso Crazyやらせてくださいってメッセージ送ったし、宮近にファンレター出したし、ステナビとダンスクの感想ハガキ出すし、6人にもそれぞれ「ここが好きです!」ってファンレター出すし、ジャニショに今回のオフショ出たら全力で買う。

もう後悔したくないから、わたしも頑張れることは頑張る。

 

だからどうか、拡輝と顕嵐と、如恵留くんと美勇人としめちゃんとしーくんとうみと宮近と朝日が幸せでありますように。