摑み取れ駆け上がれAllnight Dancing

トラジャと宮近海斗くん。時々岸くんとエイトと勝利くんも

嗚呼嗚呼青春の日々よ…

それぞれの想いを胸に互いの道を

確かに歩んでゆくんだね

 

わたしの大好きな大好きなTravis Japan。いつかこんな日が来るんだろうなって、実は心のどこかでは思ってた、わかってた。誰よりもたくさんたくさん働いてたくさんたくさん頑張ってきた彼のことをわたし達は見てきたし。だから今まず思うことは「今まで頑張ってくれて本当にありがとう」ってこと。大好きだよ、美勇人。

 

夏は大っ嫌い。去年も顕嵐のことでグラッグラに揺れた。去年はほんとに悔しくて悲しくて理解できなくて受け入れられなくて信じたくなくて、淋しくて。いろーーーーーーんな感情がどばーっと心に溢れてきて苦しかった。今はむしろ、心の中がからっぽ。すこーんと穴が開いたみたい。

新しいお仕事がトラジャに決まるたび、嬉しいとか日程いつ?とかそういう感情よりなによりまずはメンバーの名前を確認するのがこの一年で習慣付いてしまったこと。

去年のらぶクリエのあとのサマステ発表「よし9人いるぞ!」  えび座発表「あぁ、8人だ…」  サマステれんすととらオーラスレポを見て「ほんとにトラジャは8人になるんだね」  えび座で初めて8人のトラジャを見て「あぁよかったちゃんとわたし8人のトラジャも好きだ」  ジャニアイ発表「よかった8人のままだ美勇人いる」  Jr.祭り発表「8人でどんなコンサート見せてくれるのかなわくわく」  少クラ2月収録でのトラジャ5人「え…???」  3月1日「拡輝が、辞めた」  Jr.祭り横アリに入って「トラジャ7人か、かっこいいけど少ないな…」  クリエ発表「よかった、7人だ、減ってない」  キントレ発表「7人だよかった、今年の夏は平和そうかな大丈夫そうかな」  キスマイ初日「やっぱりバックトラジャ!美勇人は合流するのかな…」  キスマイ静岡「美勇人きた、よかった」   で、今日の帝劇会見。

…振り返ると本当にいろいろあった一年。思えばこの一年、ずーっと今日みたいな日が来ることを恐れながら待ってた気がする。生殺しのような状態も辛かった、いっそのこと一息に決めてくれ…って思ったことも何度もあるから、むしろスッキリしたって気持ちも今はある。いやでもやっぱり辛い、悲しい、受け入れたくない。わたしの大好きなTravis Japan、たったの一年で、こんなに変わっちゃった。

錦戸亮ちゃんを見てきたから。ずっとこのまま続けられるなんて正直思えなかった。でも美勇人なら、って期待しちゃうところも少なからずあった。でももしどちらかを選ぶことになったら…選ばれないのはきっとわたしたちの方だろうなっていうのは、わかってた。わかってたけど、でも同時にわからなかった。どうして選ばれないのがトラジャだってわかっちゃってたんだろう、わたしトラジャ担なのに。どうして、こんなことになるんだろう。わからない、わからないんだよーーー

美勇人が今まで話してきてくれた言葉はどれも嘘じゃなかったってわたしはいまも信じていられる。どっちも100だって言葉も、最後の一人になってもTravis Japanだって言葉も。もし美勇人がTravis Japanを抜けることになったんだとしても、それが美勇人の意思による決定じゃないってわたしは100%思える。ダンスが大好きだって話す美勇人をTravis Japanで活かしきれなかったはずはない、100%言い切れる。

Jr.達はみんな悪くないってわかってる、わかってるけど、黒々とした思いが心の中から消えない。どうしても、どーーーーーーーーーしても。あちらのグループがなければなって思ってしまう。美勇人を半分取られて、顕嵐まで取られて、とうとう美勇人も全部奪われて…って、思ってしまうんだよ。攻撃したいわけじゃない、でもどうしてもそんな風に思ってしまうんだ。

 

どっちも頑張る美勇人が本当に誇らしいし自慢のメンバーだし、どっちに対しても気を遣ってくれる美勇人の優しさを知ってるからこそ、そんな時は来てほしくないけどでもどちらかを選べなくなった時にどんなに美勇人が苦しむかと思うと今から辛い。

ほんの一ヶ月前に自分が書いたことだけど、ほんとにこの通り。この一年間頑張ってきた美勇人を見てるから、だからどうかいま美勇人が自分を責めたりしてないでほしいって願う。

どんな気持ちでキントレトラジャ単独見ればいいのかな、とか。どんな気持ちでアイランド見ればいいのかな、とか。キントレらぶとら行けなくてよかったな、とか。顕嵐と同じように美勇人のことも大好きなのに直視できなくなるのかな、とか。それは寂しいな、とか。いろいろぐるぐる考えてる。

6人のこともぐるぐる考える。大好きな大好きなTravis Japan。事務所のトラジャの扱い辛すぎてJr.担しんどいやめたいって今日久々に思ってるけど、でも6人が頑張るならわたしが先に諦めるわけにはいかないとも思ってる。今日の会見にTravis Japan6人として出てくれていたということ。つまり、6人が6人で頑張ろうと思ってくれてるってことだよね?泣くほどしんどいし泣くほど辛いけど、だったらこの今のジュニアバトルロワイアルから逃げたくないしトラジャを負けさせたくない。

宮近担としての今の気持ちは、「あぁこれでますます宮近の背負う荷物が重くなったな」ってこと。頑張り屋さんな宮近が大好きだし自慢の自担だし心から応援してる。けど、ずーーーーーっとアクセル踏みっぱなしな宮近が、すこし心配。みやち、ちゃんと楽しめていてね。

 

美勇人の「ちゃかちゃん」呼びが大好きだった。宮近の「みゅうとくん」ってひらがな呼びが大好きだった。しーくんのやたら強気になる美勇人への態度が大好きだった。うみのダメなところは叱って良いところは素直に認めて褒めてくれる美勇人、そんな美勇人に懐くうみのコンビ大好きだった。如恵留くんと美勇人が向かい合って歌うSo crazyが本当に綺麗だったしムラサキはまだ見てないのに。最年少の朝日のことを気にかけてフォローしてくれるお兄ちゃん美勇人。しめちゃんが不思議発言すると誰よりも楽しそうに嬉しそうに笑う美勇人。Travis Japanの森田美勇人はすごくすごく魅力的だったんだよ。

Travis Japanを、顕嵐と美勇人が悔しくなるくらいの大人気グループにしたい。でも、実際問題どうなるのかな、これから、トラジャ。本音を言うと、ものすごく怖い。

 

あーあ。って今夜は言ってばかりだから、せっかくならとゆずを歌ってみたら、歌詞がなんだか妙に当てはまって余計悲しくなった。